「小腸に穴が開いて…」ひん死の重傷から帰還 総合格闘家・富松恵美が心境明かす (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「小腸に穴が開いて…」ひん死の重傷から帰還 総合格闘家・富松恵美が心境明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
高崎計三AERA
富松恵美さん(36)/1982年、神奈川県川崎市出身。パラエストラ松戸所属。元DEEP JEWELSストロー級暫定王者。戦績は27戦14勝13敗。プロギタリストである妹、Rie a.k.a. Suzakuの生ギター演奏で入場する富松さん。王座獲得を目指して戦っている(撮影/杉博文)

富松恵美さん(36)/1982年、神奈川県川崎市出身。パラエストラ松戸所属。元DEEP JEWELSストロー級暫定王者。戦績は27戦14勝13敗。プロギタリストである妹、Rie a.k.a. Suzakuの生ギター演奏で入場する富松さん。王座獲得を目指して戦っている(撮影/杉博文)

石岡沙織さん(30)/1987年、広島県廿日市市出身。空手道禅道会所属。2007年3月にプロデビューし、現在まで26戦15勝11敗という戦績を残す。去る7月29日には「RIZIN」さいたまスーパーアリーナ大会で山本美憂と対戦。念願の大舞台への再出撃に燃えた(撮影/杉博文)

石岡沙織さん(30)/1987年、広島県廿日市市出身。空手道禅道会所属。2007年3月にプロデビューし、現在まで26戦15勝11敗という戦績を残す。去る7月29日には「RIZIN」さいたまスーパーアリーナ大会で山本美憂と対戦。念願の大舞台への再出撃に燃えた(撮影/杉博文)

 格闘技大会「RIZIN」が旗揚げし、女子格闘技が盛り上がってきた。大ケガを克服し、妊娠・出産を乗り越え、道を突き進むタフな女性選手たちがいる。

【写真】ルックスで男性ファンの人気を集めた石岡沙織さん

 2000年代に大ブームを迎えた格闘技は、人気を牽引した「PRIDE」「K?1」の2大イベントが相次いで終焉を迎えたために、雌伏の時代が続いていた。しかし15年末に「PRIDE」の流れをくむ新イベント「RIZIN」が旗揚げ。地上波中継をバックに格闘技人気再興を目指した。

 当初は「PRIDE」時代に活躍した選手を中心に起用していた同イベントだが、人気復活のカギは意外なところに隠されていた。「PRIDE」では起用していなかった女子選手たちの活躍だ。RENA、浅倉カンナ、山本美憂といった選手たちの試合はお茶の間的には新鮮味もあり、今では女子の試合がイベントの核の一つとして重用されるまでになった。

 日本での女子格闘技、特に打撃も寝技も認められるMMA(ミックスト・マーシャル・アーツ)の歴史は、1990年代半ばに始まった。当初は女子プロレス団体が牽引する形で始まり、00年代に入ると定期イベント「スマックガール」が誕生した。

 その後、いくつかのイベントが現れては消えていく中、「スマックガール」は運営母体の変化などにより「JEWELS」→「DEEP JEWELS」と名称・体制を変えながら、現在まで「女子オンリーのMMAイベント」として根強い活動を続けている。

 この「DEEP JEWELS」でアトム級(47.6キロ未満)のトップファイターとして戦っているのが、富松恵美さんだ。14年には一つ上のストロー級暫定王座に就いたこともある富松さんは、過去に試合の中で命に関わるほどの大ケガを負いながら、リングに戻ってきたという経験の持ち主である。

“それ”が起きたのは08年1月のことだった。女子プロレスでデビューするも故障により引退、「食べてたら太ってきたので痩せようと思って」始めた格闘技でプロのリングに上がるようになった富松さん。その6戦目、老舗団体「パンクラス」に初参戦した試合だった。第2ラウンド、キックボクシング王者でもあるWINDY智美選手の蹴りを腹に受けた富松さんは、ラウンド終了時に異変を感じた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい