三省堂国語辞典の編纂者が見いだした、作家が使う「言葉尻」の謎

読書

2018/02/10 16:00

 辞典編纂者の目で小説に潜むことばの謎を見いだし、解き明かす。『小説の言葉尻をとらえてみた』(飯間浩明著)は、読者をことばの魅力の中へと引き込む、異色の小説探検だ。

あわせて読みたい

  • "辞書を作る仕事" 編纂者が教える「辞書に載ることば」の選び方

    BOOKSTAND

    1/22

    特段話すことがない相手との会話を円滑にする方法

    特段話すことがない相手との会話を円滑にする方法

    BOOKSTAND

    5/4

  • 知っておくと役立つ街の変な日本語

    知っておくと役立つ街の変な日本語

    週刊朝日

    12/6

    飯間浩明×谷川俊太郎「新語はおもしろいし、時代の必然性がある」

    飯間浩明×谷川俊太郎「新語はおもしろいし、時代の必然性がある」

    AERA

    5/28

  • 「うまくね?」「雨じゃね?」 全国に広がる平板アクセント、実は北関東の台頭か

    「うまくね?」「雨じゃね?」 全国に広がる平板アクセント、実は北関東の台頭か

    AERA

    6/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す