予約が取れない伝説の家政婦・志麻さん人気の秘密

2018/01/09 11:30

 職場から保育園に子どもをバタバタと迎えに行き、玄関を開けるとプーンといい匂い──。「家政婦ごはん」が共働きの子育て世帯を中心に人気を呼んでいる。家政婦にはレシピ本を出版する、志麻さん(38)のようなスターも。背景には、タスカジのような家事代行のマッチングサイトの登場により、元料理人や栄養士たちが好きな時間や場所で働けることにメリットを感じ、家政婦登録をするようになったことがある。家庭で手軽にプロの料理が味わえるのだ。

あわせて読みたい

  • 「ごはんなんて、納豆にシラスでいいやー」八方塞がりの育児中に、「伝説の家政婦」志麻さんと出会うとどうなる?

    「ごはんなんて、納豆にシラスでいいやー」八方塞がりの育児中に、「伝説の家政婦」志麻さんと出会うとどうなる?

    ダイヤモンド・オンライン

    6/18

    "伝説の家政婦"の家には調理器具が2つだけ?

    BOOKSTAND

    6/1

  • 伝説の家政婦タサン志麻「つくるより食べる時間が大切。私も手を抜く」

    伝説の家政婦タサン志麻「つくるより食べる時間が大切。私も手を抜く」

    週刊朝日

    7/18

    置き手紙でバックレも 伝説の家政婦タサン志麻が語る過去とこだわり

    置き手紙でバックレも 伝説の家政婦タサン志麻が語る過去とこだわり

    週刊朝日

    7/18

  • 伝説の家政婦・志麻さんが初公開! マヨネーズのついたボウルは「お湯」より「水」で洗ったほうがいい理由

    伝説の家政婦・志麻さんが初公開! マヨネーズのついたボウルは「お湯」より「水」で洗ったほうがいい理由

    ダイヤモンド・オンライン

    5/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す