企業に「サウナ部」が続々と誕生する理由 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

企業に「サウナ部」が続々と誕生する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
澤田晃宏,小野ヒデコAERA#企業#健康#働き方
新日本監査法人 EY Japan/部員数:20人、おすすめサウナ:スカイスパYOKOHAMA(横浜市)、宴会場で撮影。全員がかぶっているのがサウナハット。今回取材した企業サウナ部のなかでは、最も女性部員の数が多かった(撮影/写真部・小原雄輝)

新日本監査法人 EY Japan/部員数:20人、おすすめサウナ:スカイスパYOKOHAMA(横浜市)、宴会場で撮影。全員がかぶっているのがサウナハット。今回取材した企業サウナ部のなかでは、最も女性部員の数が多かった(撮影/写真部・小原雄輝)

コクヨエンジニアリング&テクノロジー/部員数:28人、おすすめサウナ:スパ ラクーア(東京都文京区)、撮影当日は九州からテレビ電話で参加する社員の姿も。手に持っているのは同社サウナ部特製タオル。サウリーマンになる!?(撮影/写真部・小原雄輝)

コクヨエンジニアリング&テクノロジー/部員数:28人、おすすめサウナ:スパ ラクーア(東京都文京区)、撮影当日は九州からテレビ電話で参加する社員の姿も。手に持っているのは同社サウナ部特製タオル。サウリーマンになる!?(撮影/写真部・小原雄輝)

みんなのウェディング/部員数:6人、おすすめサウナ:ウェルビー今池店(名古屋市)、サウナ部代表の瀬尾さん(写真中央)がかぶるサウナハットは、奥さまの自家製。出張の多い部員が多く、全国のサウナ情報をカバー(撮影/写真部・小原雄輝)

みんなのウェディング/部員数:6人、おすすめサウナ:ウェルビー今池店(名古屋市)、サウナ部代表の瀬尾さん(写真中央)がかぶるサウナハットは、奥さまの自家製。出張の多い部員が多く、全国のサウナ情報をカバー(撮影/写真部・小原雄輝)

Retty/部員数:15人、おすすめサウナ:マルシンスパ(東京都渋谷区)、サウナハットをかぶる同社サウナ部長の畑上さんの手には、サウナのロッカーキーをデザインした腕時計が。こだわりはさすが(撮影/写真部・東川哲也)

Retty/部員数:15人、おすすめサウナ:マルシンスパ(東京都渋谷区)、サウナハットをかぶる同社サウナ部長の畑上さんの手には、サウナのロッカーキーをデザインした腕時計が。こだわりはさすが(撮影/写真部・東川哲也)

6月6日、東京・錦糸町にあるサウナ「ニューウイング」で第3回「サウナサミット」が開かれた。石川県から駆けつけたサウナーも。「申し込みは2日で埋まりました」と吉田健支配人(撮影/写真部・小原雄輝)

6月6日、東京・錦糸町にあるサウナ「ニューウイング」で第3回「サウナサミット」が開かれた。石川県から駆けつけたサウナーも。「申し込みは2日で埋まりました」と吉田健支配人(撮影/写真部・小原雄輝)

 5月31日、同社のサウナ&スパ部の活動に本誌女性記者(33)も同行した。向かったのは横浜にある「スカイスパYOKOHAMA」。眼下に横浜の夜景を見ながら楽しめるのが売りのようだ。女性部員の日向野(ひがの)奈津子さんの案内で、いざサウナへ!

 14階からの眺めに癒やされながら、ジトッと汗が噴き出してくる。ただ、室温75度のなかに長時間いるのはつ、つらい……。

 10分ほど経過すると、日向野さんはサウナを出て汗を流し、水風呂に一気に肩まで浸かった。この日の水温は17度。思わず躊躇した記者だが、サウナの魅力は水風呂。むしろ、「水風呂に入るために、サウナに入る」(高須CSO)という。

 それは、今回取材したすべてのサウナ部の部員たちが口を揃えたところだ。日向野さんは、

「私も最初は水風呂が苦手でしたが、慣れるとハマります。今は週に2回ほどサウナへ通っています。むくみが取れて、冷え症も改善しました」

 サウナー界では水温は低ければ低いほど評価されるようで、9度以下の水風呂を「シングル」(サウナー用語その5)と呼ぶことも教えられた。

 サウナで「ととのった」(サウナー用語7参照)後は、施設内のレストランで乾杯。渇いたのどに流れ込むビールは格別だ。部員の小澤ひろこさんに仕事への影響を聞くと、

「私の部署では、製品などのモノではなく、専門性を売っている。最終的に重要になるのが、人間関係。知識や経験のある人と社内でつながるのは限界がある。その点、サウナ&スパ部での交流は、面識のなかった人にも仕事の相談がしやすいです」

 宴会後は自由解散となるが、全員がまたサウナに戻っていった……。「飲み食いしたものをプラマイゼロにする」のだとか。同社はこうした活動を、月1回程度のペースで行う。7月は週末を利用して初の静岡遠征を実施する予定だ。

●サウナ中も「学び」あり

 コクヨエンジニアリング&テクノロジーにもサウナ部がある。活動は月2回程度で、部員は28人。同社サウナ部代表の川田直樹さん(32)は、仕事へのプラスの影響をこう話す。

「仕事上の不安を持っていても、普通は直属の上司に相談するしかない。しかし、サウナ部には新人から中堅クラスまで、様々な部署から人が集まっている。世代や部署を超えて、業務上の悩みなどを共有でき、アドバイスもできます」

 また、同社ならではの「学び」もあるようだ。

「オフィス空間を作るのが我々の仕事ですが、サウナの施設にもヒントはあります。自然と素材などに目が行き、みんな壁とかをずっと触っています(笑)。建築士の資格試験にも、温浴施設に関する出題があるんです。会社自体も資格者を出したいという考えもあり、サウナを楽しむだけでなく、勉強にもなっています」(川田さん)

 健康効果も、仕事にプラスの影響をもたらしている。結婚式場の口コミサイトを運営する「みんなのウェディング」サウナ部代表の瀬尾圭太さん(34)は、「業績に悩んでいる社員はサウナに行き、前向きになってほしい」と話す。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい