勃起障害は必ず治る 9割以上が納得のプロステーシス移植手術って? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

勃起障害は必ず治る 9割以上が納得のプロステーシス移植手術って?

長倉克枝AERA#セックス
自在に折り曲げることができる。30万人の男性に移植され、90%以上が満足している(写真提供:東邦大学永尾教授)

自在に折り曲げることができる。30万人の男性に移植され、90%以上が満足している(写真提供:東邦大学永尾教授)

 もともと向精神薬などとして発売され、脳の神経伝達に働きかける薬も最近は登場している。男性の早漏の治療薬「プリリジー」、女性の性欲障害を改善する「フリバンセリン」などだ。だが、これらも国内未承認。ネット通販では偽造薬などの懸念があるので気をつけたほうがいいだろう。

 一方で女性の性機能障害の治療はまだまだ課題があると、日本性科学会理事長で産婦人科医の大川玲子医師は言う。

「女性の性機能不全である挿入障害(膣けいれん)には、心理的な治療が必要です」

 日本性科学会では、行動療法を中心としたセックスセラピーに取り組んでいる。(編集部・長倉克枝)

AERA 2016年10月24日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい