「保活」の理不尽 0歳4月に入園するため帝王切開での出産1カ月早める (2/5) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「保活」の理不尽 0歳4月に入園するため帝王切開での出産1カ月早める

このエントリーをはてなブックマークに追加
編集部・小林明子AERA#働く女性#出産と子育て#待機児童
「保活のために育休を切り上げなければならない」「子どもが生まれる前から保育園に入れるのか心配して情報収集しなければならない」。保活に苦慮する声が実態調査に寄せられた(撮影/写真部・岸本絢)

「保活のために育休を切り上げなければならない」「子どもが生まれる前から保育園に入れるのか心配して情報収集しなければならない」。保活に苦慮する声が実態調査に寄せられた(撮影/写真部・岸本絢)

保活の実態に関する調査

保活の実態に関する調査

東京都の待機児童の状況

東京都の待機児童の状況

 東京都は7月、今年4月の都内の待機児童の状況を発表した。待機児童数は8466人で、昨年より652人増えた。夫婦ともにフルタイム勤務でも預けられる保証はなく、選考の指数争いで、いかに頭ひとつ抜けるかを考えなければならない。その結果起きているのが、保活の早期化だ。

 家事代行サービス会社「CaSy」で広報を務める城後(じょうご)幸代さん(34)は、保活のために帝王切開での出産を1カ月早めた。

 住んでいる渋谷区でも、0歳児より1歳児のほうが入園が決まりにくい。加えて、下の子だけでなく、上の子も認証から認可に転園させる必要があった。

「来年度、1歳児と4歳児での『ダブル保活』がカオスになることは見えている。姉弟を同じ園に通わせるためには、下の子が0歳児のタイミングで預けるしかない」

●生後2カ月で確実に

 第2子は帝王切開で14年2月末の出産予定だった。だがそれでは4月時点で生後57日に満たないため、0歳児で入園を申し込むことができない。

「早く産まないと職場復帰できなくなるかもしれません」

 と医師に訴え、1カ月前の出産にしぶしぶ同意してもらった。出産予定日の証明書を添えて、区に入園を申請。姉弟同時に同じ園に預けることができた。

 生後2カ月の赤ちゃんを預けることに、不安がなかったわけではない。だが、4月に認可に預けられなければ、数カ月後に受け入れてくれる認可外を探し、そこに預けた後で認可に挑戦することになる。城後さんは確実に認可に預ける方法を選んだ。

 保育園を考える親の会の「100都市保育力充実度チェック」の15年度版によると、東京、千葉、埼玉、神奈川の主要都市と政令指定都市のうち、4分の3の74市区で、0歳児より1歳児のほうが入園しづらかった。一般的に「育休明け」とされる1歳児の入園は依然として厳しい。そのため育休を切り上げて0歳児から預けるのが保活の「必勝法」となっているのだが、早生まれだと保活に出遅れるうえ、城後さんのように申し込みすらできない場合も多い。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい