客観的基準のないうつ診断、精度を上げる血液検査とは

病気

2016/06/19 07:00

 PEA濃度が低くなるとうつ病が悪化し、高くなれば寛解状態に近づく傾向がある。川村医師は、PEAは喜びを司る脳内報酬系の働きと関係が深いと考えている。

「うつ病患者の血漿中のPEA濃度は、健常者、統合失調症や双極性障害、不安障害の患者などより低い。診断にPEA測定を採り入れれば、うつ病診断の精度を上げることができます」

 川村医師は11年から、診療にPEA濃度の測定を採り入れ、研究を進めている。これまで約2千人以上を調べたが、9割以上の確率で診断できた。

 客観的な指標があれば、患者の信頼や理解も得やすい。患者からのこんな声もあった。

「他の病院では、医師が話を2、3分聞くだけで、何をどう診断しているのかよくわからなかった。PEAがあると、自分の状態の変化や薬を変えるべきタイミングも、納得できました」

 血中PEA濃度の臨床研究は、うつ病治療を大きく前進させる可能性を秘めている。

(編集部・熊澤志保)

AERA 2016年6月20日号

1 2

あわせて読みたい

  • うつ抜けには焦らずじっくりが近道! 医師提唱の思考法「田んぼ理論」とは?

    うつ抜けには焦らずじっくりが近道! 医師提唱の思考法「田んぼ理論」とは?

    AERA

    10/10

    チャットで診察、ネットで決済、薬は宅配便で…うつの遠隔診療最前線

    チャットで診察、ネットで決済、薬は宅配便で…うつの遠隔診療最前線

    AERA

    6/17

  • ペットも心の病に、つかず離れず適度な距離を

    ペットも心の病に、つかず離れず適度な距離を

    AERA

    6/18

    うつの処方の薬が多すぎると感じたら、代替案を提案できるセカンドオピニオンへ

    うつの処方の薬が多すぎると感じたら、代替案を提案できるセカンドオピニオンへ

    AERA

    6/18

  • 5年間で9割近くが再発、絶好調で自覚ない双極性障害の正しい治療法

    5年間で9割近くが再発、絶好調で自覚ない双極性障害の正しい治療法

    AERA

    6/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す