「共働きは中学受験に不利」は都市伝説? 「先入観です」と専門家 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「共働きは中学受験に不利」は都市伝説? 「先入観です」と専門家

このエントリーをはてなブックマークに追加
共働きは中学受験に不利?(※イメージ)

共働きは中学受験に不利?(※イメージ)

 女性の育児休業取得率は9割に迫るが、そこから先の道は平坦ではない。家族がぶち当たる問題の乗り越え方を識者に聞いた。

 共働き夫婦が懸念する問題の一つが、「共働きは中学受験に不利なのではないか?」ということ。

 仕事が忙しくて、子どもの勉強にかかりきりになれない。そんな共働き家庭は、子どもの中学受験に不利と思われがちだ。

 だが、「それは先入観です」と一蹴するのは、2万人の会員がいる「花まる学習会」代表の高濱正伸さんだ。

「小学生の子どもは、上の年代と比べて自力で勉強するのが難しいのは確かです。でも親が何もかもやらなくてはいけないという意味ではありません」

 むしろ、親ではなく、塾や家庭教師など信頼できる第三者が関わることでうまくいくケースが多いと、高濱さんは言う。親が働いているぶん、ほどよい距離感が生まれることも。

「働くお母さんは、(気持ちを)切り替える場所(職場)があるぶん、客観的な視点で子どもを見られて、冷静になれるのがいい点ですね」

 親が働いていると、子どもの受験にメリットもあるらしい。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい