「兄と比べられるの大嫌い」オコエ妹、バスケで負けん気発揮 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「兄と比べられるの大嫌い」オコエ妹、バスケで負けん気発揮

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
オコエ桃仁花さん(16)バスケットボール選手おこえ・もにか/1999年生まれ。「インターハイ前に兄が学校まで会いにきてくれたときは嬉しかった」。たまのLINE交換のみでも仲がいい(撮影/今村拓馬)

オコエ桃仁花さん(16)
バスケットボール選手
おこえ・もにか/1999年生まれ。「インターハイ前に兄が学校まで会いにきてくれたときは嬉しかった」。たまのLINE交換のみでも仲がいい(撮影/今村拓馬)

 今夏、甲子園を沸かせたオコエ瑠偉。高い身体能力が注目されたが、それは妹にも受け継がれているようだ。

 女子バスケットボール16歳以下日本代表候補でもある明星学園高2年のオコエ桃仁花さん(16)は、この夏から兄のことで頭が痛い。兄、オコエ瑠偉(関東第一高3年)が甲子園で注目され、取材の申し込みが殺到した。

「小さい時から兄と比べられるのが大嫌いだった。向こうは私より足も速いし、スポーツ万能だから。でも負けたくない」

 盛んに兄をライバル視するが、彼女だって身長182センチで50メートルの最速タイムは7秒フラット。兄より先に日の丸をつけた。

「習い事はフラダンスとバスケット。小学校高学年で母からどっちにするか決めて、と言われて、フラダンス!と答えたら、バスケにしなさいと。だったら、聞かないでよって思った」

 そのバスケで才能が開花。無名の中学校を全国大会に牽引した。ところが、高1の秋に一度バスケをやめたくなった。

「練習はきついし、監督は怖いし。つらくて仕方なかった」

 彼女を「負けん気も責任感も強いけど、すごく繊細」と見るのは高橋三絵コーチ。自宅に連れていき、「あなたには可能性がある」と励ました。

「おかげで心が落ち着いた」

 コーチ宅に下宿させてもらってから、前向きに取り組めるようになった。パスセンスと攻撃力で日本代表入りを目指す。

「兄と一緒に東京オリンピックに出られたらいいなと思う」

AERA 2015年12月14日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい