「先生に噛みつきたい」!? チワワ・すももちゃん、手術を受ける (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「先生に噛みつきたい」!? チワワ・すももちゃん、手術を受ける

週刊朝日#動物
すももちゃん(提供)

すももちゃん(提供)

 ペットはもはや大事な家族。読者とペットの愛おしい日常のひとコマをお届けします。今回の主役は、犬のすももちゃん(12歳)です。

*   *  *
 僕はすもも(写真)、12歳。チワワの男の子です。

 オデコにイボ、尻尾に腫瘍ができて、最近手術しました。

 どちらも10歳の頃からあったんだけど、最近になって尻尾の腫瘍が大きくなって病院に行きました。そうしたら「オデコのイボは切除すれば大丈夫、尻尾の腫瘍は去勢していないのでホルモンの影響です」と言われました。

 僕は「去勢ってなぁに?」と思いましたが、パパはわかったようで、僕にはまだまだ長生きしてほしいと去勢手術を決断しました。

 手術の前日は、夕ごはんをいっぱい食べたのに、褒めてくれるだけでご褒美のおやつはくれません。手術当日の朝も、目が覚めてのどが渇いていたので水を飲もうと思ったら、いつもの場所に水はありませんでした。

 少しして車に乗せられたので、どこに行くのかなぁ?と思ったら病院でした。「よし! 痛いことするなら先生を噛んでやる」と張り切っていたら、パパが僕を置いていなくなったので、それどころじゃなくなりました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい