理にかなわないが…帯津医師「ホメオパシー」のがん患者への「有効性」実感 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

理にかなわないが…帯津医師「ホメオパシー」のがん患者への「有効性」実感

連載「ナイス・エイジングのすすめ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一(おびつ・りょういち)/帯津三敬病院名誉院長

帯津良一(おびつ・りょういち)/帯津三敬病院名誉院長

※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「ホメオパシー」。

*  *  *
【不合理】ポイント
(1)理にかなわない事象の代表であるホメオパシー
(2)私はホメオパシーの有効性を実感している
(3)医学知識なしにはホメオパシーを使うべきでない

『まだ科学で解けない13の謎』(草思社)という本があります。英国の科学ジャーナリスト、マイケル・ブルックス氏が現在の科学では説明ができない13の事柄を取り上げて、解説しています。ブルックス氏は「理にかなわない事象こそが、理にかなわないがゆえに重要なのだ」と語り、そこから世紀の大発見が生まれるのだと説きます。

 その最終章で取り上げられているのが、「ホメオパシー」です。「明らかに不合理なのになぜ世界じゅうで普及しているのか?」というサブタイトルがついています。

 ホメオパシーはドイツ人の医師、サミュエル・ハーネマン(1755~1843)によって体系化された治療法です。原料は自然界の物質で70%が植物。これをアルコール溶液で希釈して、仁丹の大きさほどのピルに吹き付けます。これを口内で溶かして、口腔(こうくう)粘膜から吸収させるというものです。

 ところが、問題になるのが希釈の度合いです。原料をどんどん希釈して、1分子も入っていないレベルにしてしまうのです。当然のことながら、「1分子も入っていない液になぜ効果があるのだ」という疑問が上がります。つまり、現在のところ、ホメオパシーの効果は科学的に説明できないのです。

 ホメオパシーが日本以上に普及しているヨーロッパでは、ホメオパシーを巡る論争が盛んに行われました。前述の著書に詳しいのですが、世界的に権威がある学術雑誌「ネイチャー」や医学雑誌「ランセット」もホメオパシーに関する論文を取り上げています。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい