開幕好スタートの楽天 東尾修「岸も戻ってくれば、優勝争いに」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

開幕好スタートの楽天 東尾修「岸も戻ってくれば、優勝争いに」

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

移籍した楽天でも活躍が期待される涌井秀章 (c)朝日新聞社

移籍した楽天でも活躍が期待される涌井秀章 (c)朝日新聞社

 パ・リーグを見てみると、西武とソフトバンクの2強に迫ると予想している楽天がいいスタートを切ったと感じる。救援陣もしっかりしているし、先発も長いイニングを投げられる涌井が加入。則本昂と2人でしっかりとイニングを投げてくれれば、救援陣もうまくローテーションで回せる。今年は延長十回打ち切りだから、六、七回まで接戦に持ち込めば、楽天の勝率は大きく上がるだろう。ここに岸も戻ってくれば、優勝争いに加わってくることになるだろうね。

 高校野球も甲子園での交流試合を行うことが決まり、センバツ出場校の救済もできることになった。また、各都道府県も知恵を絞って独自大会を行うことを発表している。さらに、プロ野球を目指す高校生たちがプロのスカウトへアピールする場も設けられることになるという。ルールに縛られず「できることは何か」をしっかり考えてくれていると感じる。コロナ禍がなかったら、これだけチャレンジすることもなかっただろう。日常が戻ったとしても、新しいことに取り組む意識はずっと持ち続けないといけない。

週刊朝日  2020年7月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい