夏の体力回復に! 疲れから解放される3つの動作 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏の体力回復に! 疲れから解放される3つの動作

連載「ナイス・エイジングのすすめ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一週刊朝日#健康#帯津良一
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一さん (撮影/多田敏男)

帯津良一さん (撮影/多田敏男)

「とうもろこし、黒ごま、山芋、人蔘、栗、うなぎ、フグ、カツオ、牡蠣、イカ、牛肉、豚肉、鶏卵、豆腐」

 こういったものがそれに当たります。なんと私の好物ばかりです。

「気」の側面からは、体内の気の流れを整えて、自然治癒力を高めるということになります。

 それには気功がいいのです。「功法に優劣なし」といわれ、どの気功でも、自分が気に入ったものをやればいいのですが、疲れをとるということでは、原穴を刺激する八段錦がおすすめです。

 簡単な気の整え方を3つ紹介しましょう。

(1)体力を消耗したとき
 深呼吸を10回おこなう。吸気は短く呼気は長く。

(2)頭痛がするとき
 背筋を伸ばして座り、頭部を後ろに反らせること8~10秒。そのあと胸の前に前傾すること10~15秒。これを4~8回。

(3)両眼が腫れたとき
 両眼を上に向けること5秒。そのあと鼻柱を目視する。これを3~5回。

「心」「食」「気」の3方面からの対応を考えて、いち早く疲れから解放されましょう。

週刊朝日  2019年9月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など著書多数。本誌連載をまとめた「ボケないヒント」(祥伝社黄金文庫)が発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい