東京五輪でさらに人気に? アスリートが絶賛した屋台発祥のラーメン 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京五輪でさらに人気に? アスリートが絶賛した屋台発祥のラーメン

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホープ軒/昭和35年に屋台から生まれた背脂入りラーメンの店。タクシードライバーや、場所柄、スポーツ観戦客にも人気だ。1階は立ち食い専用で、2階はカウンター、3階はテーブル席。 (撮影/倉田貴志)

ホープ軒/昭和35年に屋台から生まれた背脂入りラーメンの店。タクシードライバーや、場所柄、スポーツ観戦客にも人気だ。1階は立ち食い専用で、2階はカウンター、3階はテーブル席。 (撮影/倉田貴志)

ホープ軒 ラーメン/背脂がとけ込むとんこつスープは、見た目ほど脂っぽさがない。自家製チャーシューは分厚く、ほろりとやわらか。4階の製麺所で作る無添加の中太麺はコシがあり、スープに負けない力強さがある。背脂の量は好みによって調節可能。ネギ、ニンニクや唐辛子入りの辣醤で、自分好みの味にカスタマイズできる。ラーメン750円。税込み (撮影/倉田貴志)
【ホープ軒】東京都渋谷区千駄ケ谷2-33-9 (営)24時間 (休)なし

ホープ軒 ラーメン/背脂がとけ込むとんこつスープは、見た目ほど脂っぽさがない。自家製チャーシューは分厚く、ほろりとやわらか。4階の製麺所で作る無添加の中太麺はコシがあり、スープに負けない力強さがある。背脂の量は好みによって調節可能。ネギ、ニンニクや唐辛子入りの辣醤で、自分好みの味にカスタマイズできる。ラーメン750円。税込み (撮影/倉田貴志)
【ホープ軒】東京都渋谷区千駄ケ谷2-33-9 (営)24時間 (休)なし

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は、陸上競技指導者・瀬古利彦さんの「ホープ軒」の「ラーメン」だ。

【屋台発祥の背脂入りラーメンの写真はこちら】

*  *  *
 早稲田大学競走部の2年の頃、ホープ軒のすぐ近くで下宿をしていました。毎朝、仲間と神宮外苑のランニングコースで練習するのが日課でした。

 国立競技場での試合後、中村監督(故・中村清氏)が、選手たちにここのラーメンを食べさせてくれることもありました。それまで私が食べていたしょう油味の中華ソバとは違い、最初は衝撃的でしたね。これがラーメンなの?って。背脂がスープ一面に浮かんで、味が濃厚。麺が太めで噛むと歯応えがあり、しかもボリューム満点で。ランニングで汗を流したあとだったので、余計に体が欲しておいしかった。ある日、近くに住む監督に頼まれて、鍋を片手に夜食のラーメンを買いに走ったことも懐かしい思い出です。

 いよいよ東京オリンピックまであと1年を切りました。おそらくホープ軒は、外国人客にもうけるでしょうね。選手たちにとっては、自国五輪で走れるというのは幸運なこと。暑さを味方につけて、自分の力を出し切ってほしいと願っています。

(取材・文/沖村かなみ)

「ホープ軒」東京都渋谷区千駄ケ谷2-33-9/営業時間:24時間/定休日:なし

週刊朝日  2019年9月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい