平成は「投手の分業化が確立」、令和では…? 東尾修の考え (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

平成は「投手の分業化が確立」、令和では…? 東尾修の考え

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

弾力的な救援陣の起用で勝利を重ねる巨人・原監督 (c)朝日新聞社

弾力的な救援陣の起用で勝利を重ねる巨人・原監督 (c)朝日新聞社

 投手の分業化が確立されたのが平成の時代なら、令和は、その役割分担に柔軟性を生む時代に入ったのではないかと感じる。投手のボールの回転数やスイングスピード、打球速度や角度まで瞬時に数値化される時代になって、逆に起用法の部分でいろいろな弾力性が生まれているのは面白い。

 今季のセではヤクルトが16連敗、DeNAが10連敗を記録し、リーグ3連覇中の広島も連敗が10を超えた。だが、戦いを見ると単純に「1点を守る」「1点を取りに行く」という基本的なことができていないことが多いし、投手起用の弾力性を欠いていることが多い。打順変更などはよく目にするが、投手起用は役割を厳格に守っている。投手陣だって打線と同じ。救援陣が疲れていると思えば、先発ローテを外して一時的な救援を作ったっていいはずだ。後半戦は、あっと驚く采配、起用なども注目したい。

週刊朝日  2019年7月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい