「軽く見られる」と得? 大センセイが代理店マンと仕事をして (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「軽く見られる」と得? 大センセイが代理店マンと仕事をして

連載「大センセイの大魂嘆!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機週刊朝日#山田清機
イラスト/阿部結

イラスト/阿部結

 現場は、ある地方自治体の役所であった。クライアント企業がその地方でやっている社会貢献事業についてインタビューをするのが、大センセイの役目だ。

 役所の担当者が応接室に通してくれる。やがて、取材に対応してくれる偉い人が現れると、ダイリテン君が言った。

「あとは、ライターとカメラマンがやりますんで」

 君はいったい何のためにそこに居るのかと尋ねたかったが、仕方ない。大センセイ、カメラマン氏と取材時間の割り振りを決めると、インタビューに突入した。

 ダイリテン君が事前にくれた情報もインタビューの時間もわずかしかなかったが、原稿を書くのに十分な材料をなんとかして集めなくてはならない。取材とはまさに“材料取り”なんである。

 一方、カメラマン氏は仕事のできる人らしく、大センセイがインタビューを始めると撮影場所の選定のために静かに部屋を出ていき、インタビューを終えると、わずかな残り時間でピシャリと撮影を終えた。

 時間的に厳しい現場をふたりでなんとか乗り切ったという実感があったが、ダイリテン君は解散するまで、ついにわれわれを名前で呼ぶことはなかった。

「ずいぶん、軽く見られたもんだな……」

 と思ったけれど、でも、軽く見られるのはそう悪いことじゃない。下から見た方が世の中はよく見える。

週刊朝日  2019年6月21日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田清機

山田清機(やまだ・せいき)/ノンフィクション作家。1963年生まれ。早稲田大学卒業。鉄鋼メーカー、出版社勤務を経て独立。著書に『東京タクシードライバー』(第13回新潮ドキュメント賞候補)、『東京湾岸畸人伝』。SNSでは「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれている

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい