日本のプリンシパル・福岡雄大さんが語る ロシアではぐれ者だった伝説のバレエダンサーの魅力

2019/05/29 11:30

 東西連戦中の1961年、パリ郊外のルブルジェ空港で、ソ連からバレエの公演で来たダンサーの青年が亡命した。青年の名は、ルドルフ・ヌレエフ。後に伝説のバレエダンサーとして知られた人物だ。彼の半生を描いた映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』が注目を集めている。何を犠牲にしてでも、自身のバレエを極めることにこだわったヌレエフの生き様や人生観が描かれている。新国立劇場バレエ団の最高位「プリンシパル」の福岡雄大さんが、自身の半生を振り返りながら、映画について語った。

あわせて読みたい

  • 主演俳優探しに9カ月! 英国を代表する名優が描く、伝説のバレエダンサー

    主演俳優探しに9カ月! 英国を代表する名優が描く、伝説のバレエダンサー

    AERA

    5/12

    ボリショイ・バレエ来日60周年 プリセツカヤ、マクシーモワ、ザハーロワ、スミルノワ…極上の美の系譜

    ボリショイ・バレエ来日60周年 プリセツカヤ、マクシーモワ、ザハーロワ、スミルノワ…極上の美の系譜

    AERA

    8/19

  • バレエ界の「ガラスの仮面」 2人のプリンシパル

    バレエ界の「ガラスの仮面」 2人のプリンシパル

    AERA

    10/21

    レイフ・ファインズが語る「自分がアウトサイダーと感じた瞬間」

    レイフ・ファインズが語る「自分がアウトサイダーと感じた瞬間」

    週刊朝日

    5/23

  • 3年に一度のバレエの祭典、スターダンサーが集合した【バレエフェス】いよいよ開幕

    3年に一度のバレエの祭典、スターダンサーが集合した【バレエフェス】いよいよ開幕

    Billboard JAPAN

    8/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す