逝き方のトリセツ 「事前指示書」が治療の妨げになることも

シニア

2019/04/18 07:00

 公立福生病院(東京都福生市)で昨年、人工透析治療をやめて女性患者が亡くなった件は、治療中止の是非などを巡ってメディアで議論が沸騰した。治療の選択をどう考えればいいのか。医療ジャーナリストの福原麻希氏が、20年超の医療現場の取材で見聞きした事例を紹介する。

あわせて読みたい

  • 活発化する「尊厳死」の議論 法制化とともに求められること

    活発化する「尊厳死」の議論 法制化とともに求められること

    AERA

    11/15

    3分診療でも医師の力を最大限に引き出す方法とは? 患者のコミュニケーション力は治療効果に影響

    3分診療でも医師の力を最大限に引き出す方法とは? 患者のコミュニケーション力は治療効果に影響

    dot.

    8/15

  • 延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    週刊朝日

    9/11

    子宮筋腫を治療するかしないか、医師が語る「決め手」は? 治療して妊娠につながるメリットも

    子宮筋腫を治療するかしないか、医師が語る「決め手」は? 治療して妊娠につながるメリットも

    dot.

    7/22

  • がんを告知されたときの「心の整理法」 自分らしい治療法や生き方へ導く「意思決定支援外来」元院長の取り組み

    がんを告知されたときの「心の整理法」 自分らしい治療法や生き方へ導く「意思決定支援外来」元院長の取り組み

    dot.

    5/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す