「老いの失敗学」に関する記事一覧

加齢でできなくなった並列処理 人の話を聞き、刺激を受ける機会を増やして「老害行動」を最小限に
加齢でできなくなった並列処理 人の話を聞き、刺激を受ける機会を増やして「老害行動」を最小限に

脳の機能も衰退する老化。記憶だけでなく、思考にも影響があると話すのは、自身の老化を当事者の視線でまとめた畑村洋太郎氏。失敗学の提唱者としても知られる畑村氏だが、「老害」にならないためのヒントを見つけたという。新著『老いの失敗学80歳からの人生をそれなりに楽しむ』(朝日新書)から、一部を抜粋・改編して紹介する

dot.
老化で無意識のうちに「なかったこと」に 記憶の減衰に対抗する“記憶を引き出すトリガー”とは
畑村洋太郎 畑村洋太郎
老化で無意識のうちに「なかったこと」に 記憶の減衰に対抗する“記憶を引き出すトリガー”とは
身体だけでなく、記憶にも影響を及ぼす「老い」。忘れてしまうことや、勘違いしてしまうこともあるが、そうしたトラブルを減らすために東京大学名誉教授で失敗学の提唱者・畑村洋太郎氏は、先輩教授からある方法を聞いたという。畑村氏の新著『老いの失敗学80歳からの人生をそれなりに楽しむ』(朝日新書)から、一部を抜粋・改編して紹介する。
老いの失敗学畑村洋太郎
dot. 2/16
物や人の名前が出てこないときは「連想ゲーム」で 東大名誉教授が老化で講じた解決策
畑村洋太郎 畑村洋太郎
物や人の名前が出てこないときは「連想ゲーム」で 東大名誉教授が老化で講じた解決策
年を重ねるにつれ、知っているはずの物事をど忘れしてしまう。よくある話しだが、そうしたとき、どうしたらいいのか。失敗学の提唱者であり、東京大学名誉教授の畑村洋太郎氏は、ある対策を講じているという。畑村氏の新著『老いの失敗学80歳からの人生をそれなりに楽しむ』(朝日新書)から、一部を抜粋・改編して紹介する。
老いの失敗学畑村洋太郎
dot. 2/13
注意喚起のつもりが「女性の敵」に 失敗学の教授が学んだ「柔らかい」コミュニケーション
畑村洋太郎 畑村洋太郎
注意喚起のつもりが「女性の敵」に 失敗学の教授が学んだ「柔らかい」コミュニケーション
高齢化社会となり、老化のよるトラブルも顕著になる日本。そのうちの一つが、「老害」だ。失敗学の提唱者・畑村洋太郎氏は女性の知人から「女の敵」と言われたそう。その理由を畑村氏の新著『老いの失敗学80歳からの人生をそれなりに楽しむ』(朝日新書)から、一部を抜粋・改編して紹介する。
老いの失敗学畑村洋太郎
dot. 2/10
老人はなぜ自分の話ばかりをしたがるのか 失敗学の教授が家族に指摘されてわかった自身の“勘違い”
畑村洋太郎 畑村洋太郎
老人はなぜ自分の話ばかりをしたがるのか 失敗学の教授が家族に指摘されてわかった自身の“勘違い”
過去の栄光にすがっているのか、自慢話を繰り返す高齢者――「老害」と呼ばれる現象の一つだ。しかし、東京大学名誉教授で失敗学の提唱者・畑村洋太郎氏は、それには理由があるという。自身の老いを痛感している畑村氏だが、新著『老いの失敗学80歳からの人生をそれなりに楽しむ』(朝日新書)から、その理由を一部抜粋・改編して紹介する。
老いの失敗学畑村洋太郎
dot. 2/7
老化で失われる「わかってもらう」「理解する」ためのエネルギー 会話の手抜きで生じる「身勝手な振る舞い」
畑村洋太郎 畑村洋太郎
老化で失われる「わかってもらう」「理解する」ためのエネルギー 会話の手抜きで生じる「身勝手な振る舞い」
加齢によって、周囲に迷惑をかけたり、トラブルを生む「老害」。その多くはコミュニケーションに問題があると指摘するのは、東京大学名誉教授で失敗学の提唱者・畑村洋太郎氏だ。畑村氏は自身の老化をきっかけに、当事者の視線での老いを分析。自らの経験を踏まえて、なぜ老人のコミュニケーションがトラブルになりやすいのか原因を探った。畑村氏の新著『老いの失敗学80歳からの人生をそれなりに楽しむ』(朝日新書)から、一部を抜粋・改編して紹介する。
老いの失敗学畑村洋太郎
dot. 2/4
失敗学の提唱者も陥っていた「大失敗のパターン」 免許返納を勧めた家族が駆使した「知見」
畑村洋太郎 畑村洋太郎
失敗学の提唱者も陥っていた「大失敗のパターン」 免許返納を勧めた家族が駆使した「知見」
度々話題になる高齢者の運転免許返納問題。「失敗学」の研究で知られる東京大学名誉教授の畑村洋太郎氏は、二〇一九年に東京・池袋で八七歳の男性が母娘を撥ねて死なせてしまった事故をきっかけに、免許を返納したそう。しかし、家族に説得された際は渋っていたが、まさに失敗学の論理をもってして説得されたという。その経緯を畑村氏の新著『老いの失敗学80歳からの人生をそれなりに楽しむ』(朝日新書)から、一部を抜粋・改編して紹介する。
老いの失敗学畑村洋太郎
dot. 2/1
歩く速度が遅くなって出会えた「気づき」 失敗学の提唱者が気づいた「よい老い方」と「悪い老い方」
畑村洋太郎 畑村洋太郎
歩く速度が遅くなって出会えた「気づき」 失敗学の提唱者が気づいた「よい老い方」と「悪い老い方」
誰しも平等に訪れる老い。その老化には、失敗と同じようによいものと悪いものがあると話すのは、東京大学名誉教授で失敗学の提唱者・畑村洋太郎氏だ。畑村氏は、自ら「よい老い」を体感したという。畑村氏の新著『老いの失敗学80歳からの人生をそれなりに楽しむ』(朝日新書)から、一部を抜粋・改編して紹介する。
老いの失敗学畑村洋太郎
dot. 1/29
失敗学の第一人者が「老いの問題」の欠点を指摘 「“当事者の視点”が不可欠」だと主張する理由
畑村洋太郎 畑村洋太郎
失敗学の第一人者が「老いの問題」の欠点を指摘 「“当事者の視点”が不可欠」だと主張する理由
高齢化が進み、さまざまな問題が顕著になる日本。それぞれの問題で解決策が模索されているが、失敗学の提唱者である畑村洋太郎氏は、老化に関しては当事者の視点が不足しているという。畑村氏の新著『老いの失敗学80歳からの人生をそれなりに楽しむ』(朝日新書)から、一部を抜粋・改編して紹介する。
老いの失敗学畑村洋太郎
dot. 1/28
この話題を考える
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
50歳から早めの終活

50歳から早めの終活

人生100年時代、50歳はようやく折り返し地点といったところ。けれども、人生後半戦を安心して楽しむには、50歳から準備すべきことがたくさんあります。 老後資金はいくら必要か、年金はいくらもらえるか、お葬式やお墓はどうするか――。つい先送りしたくなる宿題への備えを取材しました。

5分でわかる! 新NISA

5分でわかる! 新NISA

2024年1月から大幅な制度拡充となったNISA。何から始めていいのかいまだに分からない人も多いのでは。新NISAは制度が恒久化するだけでなく非課税投資枠が拡大し、個人投資家にとって使い勝手がいい。すでに始めた人も、そうでない人も、いまいちど制度の内容を復習しよう。

新NISA
1
カテゴリから探す
ニュース
〈まもなく天皇誕生日〉天皇陛下の意外な失敗談 オックスフォード大学生寮で炊事洗濯も?
〈まもなく天皇誕生日〉天皇陛下の意外な失敗談 オックスフォード大学生寮で炊事洗濯も?
天皇陛下
AERA 1時間前
教育
「北の国から」のロケ地でも廃線に なぜローカル線は被災で消滅の道をたどるのか
「北の国から」のロケ地でも廃線に なぜローカル線は被災で消滅の道をたどるのか
災害とローカル線
AERA 2時間前
エンタメ
〈ブギウギ21週スズ子が茨田りつ子と対談〉菊地凛子「ブギウギ」ライバル役も好評 本格再始動で“悪役”の第一人者に躍り出るか
〈ブギウギ21週スズ子が茨田りつ子と対談〉菊地凛子「ブギウギ」ライバル役も好評 本格再始動で“悪役”の第一人者に躍り出るか
菊地凛子
dot. 2時間前
スポーツ
今年こそ「J2沼」抜け出すのは? 東京Vに続く「オリジナル10」、 清水はハマる前に昇格なるか
今年こそ「J2沼」抜け出すのは? 東京Vに続く「オリジナル10」、 清水はハマる前に昇格なるか
J2
dot. 16時間前
ヘルス
「息子が子宮頸がんワクチンを接種するの」女医が話しかけられ考えた日本の接種率の低さ
「息子が子宮頸がんワクチンを接種するの」女医が話しかけられ考えた日本の接種率の低さ
子宮頸がんワクチン
dot. 3時間前
ビジネス
「食品ロス解消へ 賞味期限が近い食品を学校給食などに無償提供」ローソン社長・竹増貞信
「食品ロス解消へ 賞味期限が近い食品を学校給食などに無償提供」ローソン社長・竹増貞信
竹増貞信
AERA 2/19