NHK朝ドラの広瀬すず 「乗馬が天才的」高すぎる前評判 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NHK朝ドラの広瀬すず 「乗馬が天才的」高すぎる前評判

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日#ドラマ
広瀬の“天才的な”乗馬にも注目(NHK提供)

広瀬の“天才的な”乗馬にも注目(NHK提供)

 物語が始まる昭和21年、なつは9歳。広瀬が登場するのは第3週からだ。高校卒業後に上京、アニメーターを目指すという時系列を史実と照らし合わせると、興味深い物語が見えてくると碓井教授は言う。

「なつが上京しているタイミングの昭和31年は、史実で言えば東映動画(現東映アニメーション)の発足年。そして、その7年後に宮崎駿さんが入社するんです。おそらくなつは、宮崎青年の先輩になるのでしょう。日本のアニメの草創期を見る楽しさもあります」

 はたして宮崎青年の登場はあるのか。

「事実、草創期には何人かの傑出した人物がいました。当時の時代背景を参考にしていますので、この登場人物がもしかしたら……というような視点でも楽しんでもらえるかもしれませんね」(磯氏)

 あくまでフィクションとのことだが、架空の人物だからこその楽しみもある。

「実在の人物を描く“実録路線”の物語は、モデルの実人生だから大きく逸脱することができない。その意味で、架空の人物である“広瀬なっちゃん”がどんな歩みを見せるのか注目したいです」(碓井教授)

(本誌・秦正理)

週刊朝日  2019年4月12日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい