「遠隔操作で人工透析の処方」「AIが大腸がん診断支援」 医療機器の進歩はここまできた!

ヘルス

2019/02/28 07:00

 ロボット、人工知能などの新しい技術は、医療分野においても進化をもたらす。週刊朝日ムック「手術数でわかるいい病院2019」では、最新の医療機器について取材している。ここでは、「遠隔モニタリングによる腹膜透析」と「AIによる内視鏡診断支援」を紹介する。

あわせて読みたい

  • 財津和夫が公表した大腸がん 検査の種類や方法は?

    財津和夫が公表した大腸がん 検査の種類や方法は?

    dot.

    6/2

    がんを1秒以内に見分けるAI登場 その驚くべき実力とは?

    がんを1秒以内に見分けるAI登場 その驚くべき実力とは?

    週刊朝日

    10/5

  • 血液型が違う夫婦間でも生体腎移植が可能に 「慢性腎臓病」移植医療の進化

    血液型が違う夫婦間でも生体腎移植が可能に 「慢性腎臓病」移植医療の進化

    週刊朝日

    7/12

    腎臓病で毎年4万人近くが新たに人工透析治療に 4月から他の治療法も普及する仕組みに

    腎臓病で毎年4万人近くが新たに人工透析治療に 4月から他の治療法も普及する仕組みに

    dot.

    3/24

  • 「大腸内視鏡手術は医療事故の温床」と世界的権威が語る

    「大腸内視鏡手術は医療事故の温床」と世界的権威が語る

    週刊朝日

    8/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す