“子どもの虐待”に気づいたら「大きなお世話」 鈴木おさむの意見 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“子どもの虐待”に気づいたら「大きなお世話」 鈴木おさむの意見

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ週刊朝日#鈴木おさむ

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

娘を虐待死させ逮捕された栗原勇一郎容疑者 (提供)

娘を虐待死させ逮捕された栗原勇一郎容疑者 (提供)

 放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「虐待の兆候が見えたときの行動」について。

*  *  *
 子供への虐待のニュースは後を絶たない。聞くたびに、周りの人は気づくことができなかったのか? なんとかできなかったのか?と思う。が、もし自分の周りで「あの子供、もしかして虐待されているのかも?」と思った時、自分は何か行動できるのか?

 今から数年前のこと。僕の仕事仲間でもある男性Aさんから聞いた話。Aさんは結婚して子供もいるのだが、ある日、Aさんが奥さんから言われたらしい。「ねえ、Bさんって前に一緒に仕事してたよね?」と。Bさんは女性で、以前、Aさんと一緒に仕事をしたことがある。奥さんは言った。「私の友達の子供が塾に通っているんだけど、そこにBさんの子供も通っていてね、なんかね、その子が、お父さんに強くゲンコツされた、帰りたくないって言ってるって」と。Bさんは再婚している。その再婚相手の旦那さんが、子供にゲンコツをしたと。

 その話が出たのが一度ではなく、しかも家に帰りたがらない。そこで周りの保護者は思うわけです。これってもしかして虐待してるんじゃないか? Bさんが気づかないところで、旦那さんが子供に暴力をふるっているんじゃないか?と。その話が、Aさんの奥さんのところに回ってきた。奥さんはAさんに言ったそうです、「Bさんに電話して話してみてよ」と。

 Aさんは思ったそうです。「えーーーーー!?」と。それっていくらなんでも人の家庭に足突っ込みすぎじゃない? 親友ならともかく、仕事仲間だったくらいで、それいきなり電話するのは、どうなんだろうと。

 躊躇(ちゅうちょ)していたのだが、奥さんが何度も言ってくるので、思い切ってBさんに連絡を入れたらしい。Bさんに勇気をもってその話をした。「もし誤情報だったら本当に申し訳ないんだけど」と。

 すると、すでに、塾に通っている子供の保護者たちが、児童相談所などに連絡を入れて、Bさんの子供は児童相談所に保護されている状態だったのだ。つまり、嘘ではなかった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい