「神戸製鋼のラグビーはミックスジュース」 スポーツ評論家の玉木正之が明かす平尾誠二との秘話 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「神戸製鋼のラグビーはミックスジュース」 スポーツ評論家の玉木正之が明かす平尾誠二との秘話

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
玉木正之さん(多田敏男撮影)

玉木正之さん(多田敏男撮影)

神戸製鋼の7連覇を支えた平尾誠二(右)と大八木淳史=1995年 (c)朝日新聞社

神戸製鋼の7連覇を支えた平尾誠二(右)と大八木淳史=1995年 (c)朝日新聞社

 平尾は神戸製鋼に入る前に英国の大学へ留学しているんですが、そこでラグビーをする時、やり慣れたポジションと違うポジションを言われ「そんなんやったことない」と言ったら、「お前はラグビーをやったことないのか」と不思議がられたそうです。その経験があるからでしょう。

 さらに、喫茶店での取材の続きですが、取材中にウェートレスが注文してもないミックスジュースを持ってきました。我々のじゃないよと不思議がっていたら、平尾はふとミックスジュースを見て「これですわ。うちのラグビー。ミックスジュースですわ」と一言。

 つまり、神戸製鋼のラグビーは毎回いろんな違う味がしますよと。試合によって選手も違うわけですから。

 平尾はとにかくいろんな言葉を持っていた。プレーでも、フォワードにライン参加させるなど本当に自由でした。(本誌・大塚淳史)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい