中島みゆきが憂う 欲にまみれた願望だけが叶っていく世の中 (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中島みゆきが憂う 欲にまみれた願望だけが叶っていく世の中

連載「知新音故」

小倉エージ週刊朝日#小倉エージ#知新音故
2年ぶり、通算42枚目となるフル・オリジナル・アルバム『相聞』を出した中島みゆき

2年ぶり、通算42枚目となるフル・オリジナル・アルバム『相聞』を出した中島みゆき

中島みゆき『相聞』

中島みゆき『相聞』

 続く「希(ねが)い」。“欲にまみれた希い”は先を争って叶ってゆく。ささやかでつましい弱者の希いは粉雪のように残される。“肩を抱いてみても 頬を寄せてみても”つつましい希いは聞き届けられないと歌う。昨今の日本の社会事情を反映した歌詞である。

 思い起こすのは一昨年から去年にかけての「中島みゆきConcert『一会(いちえ)』2015~2016」や、昨年暮れの夜会『橋の下のアルカディア』のことだ。前者では翻弄される弱者の存在、後者では社会から捨てられた人々を主人公に“個”を追いやる集団の狂気、近年の異常気象や地震での人災による犠牲者、いじめや児童虐待の被害者の存在を思い浮かべさせた。「希い」もそうした社会問題を背景に力強い熱唱を聞かせる。そして「慕情」が大きな余韻をもたらす。

『やすらぎの郷』があって生まれたラヴ・ソング集の『相聞』は、男女間の恋愛だけでなく、過ぎてきた時間、現在、未来、人と世のかかわり、その人間模様を浮き彫りにしている。“限りない愚かさ 限りない慕情”という歌詞がそのすべてを物語っている。(音楽評論家・小倉エージ)

●『相聞』(ヤマハミュージックコミュニケーションズ YCCW-10315)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい