“超人”阪神・糸井選手が遠征先に必ず、持参するMy枕とは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“超人”阪神・糸井選手が遠征先に必ず、持参するMy枕とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
中川透週刊朝日
トークショーに参加した阪神タイガースの糸井嘉男選手(撮影・中川透)

トークショーに参加した阪神タイガースの糸井嘉男選手(撮影・中川透)

「超人」の異名を持つ阪神タイガースの糸井嘉男選手(36)が12日、東京都内でのトークイベントに参加し、野球選手の快眠術を語った。

 江崎グリコが東京都内で12日開いた「一流アスリートの“睡眠・回復術とは”?」に参加した。身長187センチ、体重88キロの糸井選手は「夏場はすごく疲れを感じやすい」という。野球選手ならではの悩みとして、昼と夜の体調の切り替えの難しさを語った。

「週末になるとデーゲームがあるので、普段のナイターの夜型の生活から朝型の生活に変わる。睡眠の取り方が難しい」という。

 遠征先のホテルで眠る日も多い生活。眠りやすさも場所によって違うようで、「あのホテルは嫌だな、とかもありますよ(笑)」と糸井選手。どんな場所でもよく眠れる秘訣として、「枕は必ず自分用のものを持って行く」と披露した。「人によっては、ホテルのベッドを取り外して、自分用のマットレスを持って行くことも」と、大物選手の並々ならぬ睡眠への心配りについても語った。



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい