AERA dot. 5th anniversary

朝粥はいいことだらけ! 道元が考えた「10の効用」

連載「貝原益軒 養生訓」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#健康

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

朝粥が消化によくて、体にいいのは間違いない(※写真はイメージ)

朝粥が消化によくて、体にいいのは間違いない(※写真はイメージ)

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の「養生訓」を元に自身の“養生訓”を明かす。

*  *  *
【貝原益軒養生訓】(巻第三の66)
朝早く、粥(かゆ)を温(あたたか)に、やはらかにして食へば、腸胃をやしなひ、身をあたため、津液(しんえき)を生ず。寒月尤(もっとも)よし。是(これ)、張来(ちょうらい)が説也。

 養生訓では、朝粥を勧めています。

「朝早く、粥を温かにやわらかくして食べると、胃腸をやしない、身をあたため、唾液が豊富に出る。寒月がかかる頃が特にいい」というのです。

 さらに「これは張来の説である」と続きます。張来は蘇軾(そしょく)の門下生で北宋の詩人です。張来に寒月の頃の朝粥の詩があるのかもしれないのですが、よくわかりません。いずれにしろ、朝粥が消化によくて、体にいいのは間違いないでしょう。

 曹洞宗の開祖、道元が修行僧に食事の作法を示した『赴粥飯法(ふしゅくはんぽう)』には粥の10の効用を説明した「粥有十利(しゅうゆうじり)」という項目があります。以下のようなものです。

【1】(血色をよくする)【2】力(力がみなぎる)【3】寿(寿命を延ばす)【4】.楽(食べ過ぎず体が楽になる)【5】詞清辯(ししょうべん=ことばがはっきりする)【6】宿食除(胸やけが治る)【7】風除(風邪をひかない)【8】飢消(飢えをなくす)【9】渇消(のどのかわきをいやす)【10】大小便調適(便通がよくなる)

 まさにいいことだらけです。ですから、曹洞宗の永平寺などでは、朝はもっぱらお粥なのでしょう。

 がん診療に中国医学を取り入れようと私が35年前に開設した帯津三敬病院では、当初から薬膳の粥である漢方粥を患者さんに提供してきました。看護師や栄養士が一丸となって最初に作り上げた漢方粥は「八宝粥」でした。米、小豆、ささげ、大豆、いんげん豆、れんこん、山いも、緑豆が材料です。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

   健康 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加