100%の満足なんて訪れない  売れっ子料理家夫婦の人生観を変えた食道がん (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

100%の満足なんて訪れない  売れっ子料理家夫婦の人生観を変えた食道がん

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
脇雅世(わき・まさよ)(右)/1955年、東京都生まれ。短大卒業後、77年に「ル・コルドン・ブルー・パリ校」に留学し、パリで修業を積む。帰国後、NHK「きょうの料理」などに出演し、料理家として活躍。60冊以上の料理本を出版している。著書に『料理をおいしくする切り方のひみつ』(NHK出版)など。2014年、フランス政府から農事功労章を受勲。加藤修司(かとう・しゅうじ)(左)/1956年、東京都生まれ。中央大学文学部を中退後、77年にニューヨーク州立大学オニオンタ校、トリニティー大学大学院で演劇を専攻。帰国後、映像ディレクターとしてテレビ番組やビデオ制作を経て、2000年に妻・脇雅世さんと株式会社トワ・スールを設立。脇さんのマネジメントやプロデュースを行っている。(撮影/写真部・大野洋介)

脇雅世(わき・まさよ)(右)/1955年、東京都生まれ。短大卒業後、77年に「ル・コルドン・ブルー・パリ校」に留学し、パリで修業を積む。帰国後、NHK「きょうの料理」などに出演し、料理家として活躍。60冊以上の料理本を出版している。著書に『料理をおいしくする切り方のひみつ』(NHK出版)など。2014年、フランス政府から農事功労章を受勲。
加藤修司(かとう・しゅうじ)(左)/1956年、東京都生まれ。中央大学文学部を中退後、77年にニューヨーク州立大学オニオンタ校、トリニティー大学大学院で演劇を専攻。帰国後、映像ディレクターとしてテレビ番組やビデオ制作を経て、2000年に妻・脇雅世さんと株式会社トワ・スールを設立。脇さんのマネジメントやプロデュースを行っている。(撮影/写真部・大野洋介)

 人気料理家の脇雅世さんと、夫の加藤修司さんは同志のような夫婦。加藤さんはトワ・スール代表として、妻のマネジメントに専念する。2013年に夫の食道がんが発覚し、夫婦の人生観は大きく変わったという。

「彼女の発情期にたまたま…? 『遺伝子残したい』と結婚した人気料理家夫婦の30年」から続く

*  *  *
――妻は2年おきに「計画的に」出産。娘3人を授かった。91年からスタートした料理教室も順調で、94年にはNHK「きょうの料理」やフジテレビ「料理の鉄人」に出演するなど人気者になっていく。

夫:結婚したときに、彼女がこんなにテレビに出たり、料理本を出したりするようになるとは思っていなかった。でも僕以上に本人も思ってなかった。

妻:私には当時、ある意味、遠慮があったんです。自分が「家庭がほしい、子どもがほしい」といって産んだのに、家庭をほっぽらかしにして仕事ばっかりしていたから。

夫:それは初耳だな。

妻:あら、あったのよ。でも2000年に一緒に会社を作ってからはすごく楽になりました。

夫:家計をひとつにしたから、「お互いが稼いで折半」というよりも、どっちが山に柴刈りに行っても、家に残って近くの川で洗濯をしてもいいよね、と。チームとして効率的に役割分担ができるようになった。

――子どもたちが成人し、いま、夫は妻のマネジメントに専念している。

夫:彼女のほうの需要が圧倒的に多かったのでこうなった。経済効率がいいんですよ。料理の映像を作ってYouTubeやFacebookにアップもしています。料理本の企画を僕がやることもある。

妻:調理器具の開発なども一緒にやってくれます。

夫:彼女には料理力がある。彼女を応援することで、料理を楽しむ人が増える。うれしいですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい