北原みのり「そりゃないよ、山尾さん!」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「そりゃないよ、山尾さん!」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#北原みのり

女の不倫は男性よりもきつく叩かれる?(※写真はイメージ)

女の不倫は男性よりもきつく叩かれる?(※写真はイメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は山尾志桜里議員の不倫疑惑を嘆く。

*  *  *
 山尾志桜里議員の「不倫」報道は残念だった。不倫の是非というよりは、議員でもなんでもない私ですら代表選挙前後の週は「安倍政権にさよならするために、がんばろー!」と、鼻息荒く気張ってたのに、まさかの、あの週に4回の「密会」。それって恋の真っ最中じゃないか! そりゃないよ、山尾さん!と言いたい気持ちにもなる。

 女の不倫は男性よりも不当にきつく叩かれる。不倫で再起不能になるほどボコボコに叩かれるような社会などどうかしているし、理不尽だ。とはいえ、ベッキーさん以来、不倫への風当たりがますます厳しくなっている最中、山尾議員の行動が報道通りならば、あまりに恐れを知らない蛮勇だし(なぜ「自分だけは大丈夫」と思えるのだろう)、政治家として軽率すぎる。しかも報道の週刊誌発売当日にすぐに離党届を出したけれど、もし報道が事実でないのなら、離党する理由は一切ない。どこをとっても無理を通すばかりに、道理が通ってない感が拭えない。そういうの、山尾議員が一番批判していたことだったのではないだろうか。

 世間的に山尾議員の人気は高いし、私だって応援していた。ネットでは「人が人を好きになるのは自由だ!」と山尾議員に同情するあまり、結果的に違う方向に追い詰めるような擁護をしたり、「民進党の男性が離党を強いている。嫉妬だろう」と方向違いな民進党批判を繰り広げたり、「もっと酷い議員は自民党にいっぱいいる」「もっとひどい男性議員はいる、女性差別だ」と、確かに事実だけれど誰も救われない援護射撃をする人が少なくない。不思議だ。

 ここ数年の過熱化する「不倫報道」の経験から私たちは十分に学んできたじゃないか。「事実無根」と言った後に必ず新たな「証拠物件」が出てくる……それが致命的な結果を導く……というシビアな現実を。週刊誌の取材力、周囲の人間の裏切りを甘くみてはいけない。そういう教訓を得た者としては、すぐに「事実無根」と断定し離党する力業にハラハラしてしまって、応援したくても応援できないのが現状だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加