E判定も「そんなの関係ねぇ!」 早大卒の小島よしおが受験生にエール (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

E判定も「そんなの関係ねぇ!」 早大卒の小島よしおが受験生にエール

このエントリーをはてなブックマークに追加
小島よしお(こじま・よしお)/1980年、沖縄県生まれ。子どもの運動神経等を伸ばすスペシャリストとしても活躍。著書『キッズのココロわしづかみ術』(主婦と生活社)が3月31日に発売(撮影/写真部・大野洋介)

小島よしお(こじま・よしお)/1980年、沖縄県生まれ。子どもの運動神経等を伸ばすスペシャリストとしても活躍。著書『キッズのココロわしづかみ術』(主婦と生活社)が3月31日に発売(撮影/写真部・大野洋介)

 早稲田の商、教育、社会科学の3学部と法政の法学部を受けました。早稲田を選んだのは、私立で一番いいところにいってやろうと思って。

 高校(千葉市立稲毛高校)時代は野球漬けで、成績は400人中360位。浪人中の模試でも早稲田はE判定。無理ってみんなから言われていたんです。でもあまのじゃくなところがあるから、無理だと言われると、逆に燃えましたね。

 E判定だから無理? そんなの関係ねえ!

 浪人中は群れずに勉強するのが大事。群れると遊びだすから、受験生には「群れるな、自分と闘え!」と言いたいですね。

 大学生になったら、勉強以外にも、旅行など時間をかけないとできないことをしてほしいですね。

 自分は学生時代から携わったお笑いが仕事になったけれど、実は卒業時に解散したWAGEのメンバーがみんな同じ業界にいるんです。うち2人はお笑いコンビのかもめんたる、1人は脚本家、1人はミュージシャン、で、残りが海パン(笑)。

 勉強も遊びも、とことん挑戦するのがいいですよ。

週刊朝日  2017年4月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい