武蔵丸の忘れられないちゃんこ鍋! 来日した日に連れていってもらって… 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

武蔵丸の忘れられないちゃんこ鍋! 来日した日に連れていってもらって…

このエントリーをはてなブックマークに追加
三重ノ海の「元祖ちゃんこ」/じっくりとうまみを引き出した鶏ガラと昆布のスープに、薄口しょうゆ、みりんで調味。13種類もの季節野菜と3種の部位を合わせて作った鶏団子を入れた、ボリューム満点の一品。天然イワシのつみれや餅を追加しても滋味深い。1人前2000円(税別)~(撮影/倉田貴志)

三重ノ海の「元祖ちゃんこ」/じっくりとうまみを引き出した鶏ガラと昆布のスープに、薄口しょうゆ、みりんで調味。13種類もの季節野菜と3種の部位を合わせて作った鶏団子を入れた、ボリューム満点の一品。天然イワシのつみれや餅を追加しても滋味深い。1人前2000円(税別)~(撮影/倉田貴志)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回、第67代横綱・武蔵丸として活躍した武蔵川光偉さんが選んだのは、三重ノ海の「元祖ちゃんこ」だ。

*  *  *
 日本へ来たのは18歳のとき。来日した当日に師匠に連れていってもらったのが、ここでした。和食自体、生まれて初めてでしたが、そのおいしさにびっくりしました。鶏ガラベースの出汁に、たっぷりの野菜からうまみが出ていて。シメのラーメン、雑炊も絶妙でね。きっと「たくさん食べて、がんばれよ!」とか言ってもらったんでしょうけど、まだ日本語がひとつもわからなくて(笑)。

 部屋へ入ってからの食事は、兄弟子たちが作るちゃんこ。作る人によって味が違うので、お店の鍋とはまったく別ものです。納豆やわさびなど、なかなかなじめない物もあって、食事には苦労しました。ホームシックにもなったけれど、不思議と帰りたいとは思わなかった。無我夢中で相撲をとるうちに、横綱にまでなれました。

 あの日に食べたちゃんこの味が忘れられず、親方となった今も、弟子や家族、友人ともよく行きます。ここは僕にとって、大事な思い出のスタート地点なんですよ。

「三重ノ海」東京都江東区門前仲町2-8-9 帝都深川ビル2F/営業時間:17:00~22:00L.O./定休日:日(東京場所開催中は営業)※4月に、江東区富岡1-13-8に移転

週刊朝日  2017年2月3日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい