痛みを感じるまで伸ばすのはNG? 間違いだらけのストレッチ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

痛みを感じるまで伸ばすのはNG? 間違いだらけのストレッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
デスクと記者も坂詰真二さんの指南を受けた(撮影/写真部・松永卓也)

デスクと記者も坂詰真二さんの指南を受けた(撮影/写真部・松永卓也)

「ストレッチしたい部分の中心に、軸となるポイントを作ることが重要。首まわしにしても、両腕を胸の前に伸ばして手を組むと、ぐっとスムーズにまわります」

【ストレッチ効果を高めるコツ】
★「痛い」ところまで伸ばすのは×。「心地良い」ところでやめる。
★一つのポーズは原則「30秒以内」。長く同じ姿勢を続けるのは×。
★痛みがあるときのストレッチは×。
★呼吸との連動を意識する。「ゆっくり吸って、ゆっくり吐く」。
★指先など、体の「末端」を意識して筋肉を伸ばすと、より効果的。

週刊朝日  2016年12月30日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい