脳みそパンナコッタに目玉のおにぎり! ハロウィーンに作りたい簡単「ホラー飯」6選 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

脳みそパンナコッタに目玉のおにぎり! ハロウィーンに作りたい簡単「ホラー飯」6選

このエントリーをはてなブックマークに追加
脳みそパンナコッタ(撮影/写真部・岸本絢)

脳みそパンナコッタ(撮影/写真部・岸本絢)

■目玉のおにぎり&ジャック・オー・ランタン手まり寿司
【材料】ご飯、酢飯 各1膳分、梅干し 1個、海苔 1枚、黒ゴマ 適量、生ハム 大2枚、シソの葉 2枚

【作り方】
1 ご飯、酢飯は一口サイズにラップで丸く握って冷ましておく。
2 目玉のおにぎりを作る。梅干しを丸い形にそいで1のご飯にのせ、丸くカットした海苔を真ん中にのせ、黒ゴマを放射線状にあしらう。
3 ジャック・オー・ランタン手まり寿司を作る。1の酢飯を生ハムでくるみ、はさみで目と口の形にカットしたシソの葉をあしらう。

■脳みそパンナコッタ
【材料】(実物大の脳みそ型1個分)豆乳(または牛乳) 600ml、生クリーム 600ml、グラニュー糖 大さじ12(大さじ8と大さじ4に分ける)、板ゼラチン 1.5g×15枚、ラズベリージャム・リキュールなど(血のり用)

【作り方】
1 板ゼラチンは水につけて戻しておく。
2 豆乳を鍋で温め、グラニュー糖大さじ8、板ゼラチンを加えて溶かしたら、鍋を氷水につけて冷やす。
3 生クリームに残りのグラニュー糖を加え、2と同じくらいのとろみがつくまで軽く泡立てる。
4 2と3を混ぜ合わせ、脳みそ型に入れて冷やす。固まったら型から取り出して盛り付け、ジャムやリキュールで飾る。

*豆乳のうち200mlをコーヒー牛乳にすると、よりリアリティーが出る。
*脳みそ型はさまざまな大きさのものが売られており、ネットなどで購入可能。

週刊朝日 2016年11月4日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい