記者が本田翼似のOLと…歌舞伎町「逆ナンカフェ」に潜入調査 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

記者が本田翼似のOLと…歌舞伎町「逆ナンカフェ」に潜入調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#男と女
歌舞伎町 (c)朝日新聞社

歌舞伎町 (c)朝日新聞社

“逆ナンパ”。男性なら一度は憧れるだろう。魅惑の逆ナンが売りのカフェが昨年オープンしたと聞き、記者は鼻息荒く乗り込んだ。

 東京・歌舞伎町のとある雑居ビルの中。受付で利用が初めてと告げると、入会金3千円に、サービス利用料4千円、計7千円のお支払い。高い。

 先客は5人。壁の片側一面が鏡張り、つまりマジックミラーだ。その向こうでは女性がこちらに熱い視線を注いでいるに違いない。3分ほど待っただろうか。

「ツーショットルーム2番へお入りください」

 先客を差し置いて指名を受ける優越感はなかなか。カーテンで仕切られた小部屋に入ると、女優の本田翼に似た小柄な女性が待っていた。

「A子です。年は25です。よろしくお願いします」

 六本木のOLで、仕事帰りにこのカフェに寄ることがあるという。

「もしよろしければこの後、お食事とかどうですか」

 と、積極的にA子さんが誘ってくる。ツーショットタイムは10分間。目の前の女性を外に連れ出すか、チェンジするか、男性に選択権がある。連れ出してしまえば店の干渉は一切受けないらしい。選択の時だ。

「軽くお酒だけでも……」

 上目遣いの追い打ちに即決した。

 控室に一度戻ったA子さんを店外で数分待つ。現れたA子さんは、さっきの愛想のよさはどこへやら、別人のような仏頂面。洒落た焼き肉店へ入っても態度は変わらず。席に着くなりA子さんはニコリともせず、

「交通費を先にください」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい