俳優・松村雄基 大映ドラマ全盛期から20年間も介護を続けていた!

介護を考える

2014/06/30 07:00

 80年代、テレビで人気の学園ドラマ「不良少女とよばれて」「スクール・ウォーズ」の不良役として鋭い眼光と激しいアクションで魅了した俳優・松村雄基さん(50)。実は当時、親代わりだった祖母が倒れ、その後20年間、介護が続いたという。その時の話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 会社をやめざるをえず「もう耐えられない」 若年性認知症の母をもつ娘の悲痛

    会社をやめざるをえず「もう耐えられない」 若年性認知症の母をもつ娘の悲痛

    週刊朝日

    9/5

    横浜流星&浜辺美波「わたどう」 ウォッチャー「素敵にトンチキな大映ドラマ」
    筆者の顔写真

    カトリーヌあやこ

    横浜流星&浜辺美波「わたどう」 ウォッチャー「素敵にトンチキな大映ドラマ」

    週刊朝日

    9/11

  • 第2回 笑って明るく介護してきた母のすごさ

    第2回 笑って明るく介護してきた母のすごさ

    2/17

    笑って明るく介護してきた母のすごさ

    笑って明るく介護してきた母のすごさ

    dot.

    2/17

  • 「祖母を殺して私も死ぬ」 若者が直面した祖母の介護

    「祖母を殺して私も死ぬ」 若者が直面した祖母の介護

    週刊朝日

    4/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す