吉本と学芸大学がコラボ 子どもがものまねを学ぶ意味とは?

出産と子育て

2014/05/26 07:00

 お笑い帝国の吉本興業が東京学芸大学と手を組んで教育事業に参入している。開校したのは「笑学校(しょうがっこう)」。所属の人気芸人を講師に立て、ものまねや、ラブレターの書き方など、子どもたち相手に一風変わった授業を展開。いったいどんな狙いがあるのか。

あわせて読みたい

  • 所得格差や子どもたちのつまずきを支える 教育系YouTuber葉一さんが「教科書丸ごと」授業動画をつくる理由

    所得格差や子どもたちのつまずきを支える 教育系YouTuber葉一さんが「教科書丸ごと」授業動画をつくる理由

    AERA

    6/24

    人気教育系YouTuber葉一 偏差値が「20足りなかった」東京学芸大に合格した勉強法とは

    人気教育系YouTuber葉一 偏差値が「20足りなかった」東京学芸大に合格した勉強法とは

    dot.

    11/5

  • 美術は”絵を描く”だけじゃない! 「13歳からのアート思考」著者のユニークな授業

    美術は”絵を描く”だけじゃない! 「13歳からのアート思考」著者のユニークな授業

    AERA

    1/31

    吉本芸人6000人 莫大な収益を生む養成所ビジネスの功と罪
    筆者の顔写真

    三杉武

    吉本芸人6000人 莫大な収益を生む養成所ビジネスの功と罪

    dot.

    8/3

  • 過重労働に苦しむ同級生の姿にいてもたってもいられず…教員の激務を軽減したいと起業する“教員の卵”たち

    過重労働に苦しむ同級生の姿にいてもたってもいられず…教員の激務を軽減したいと起業する“教員の卵”たち

    AERA

    1/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す