「謝礼を渡すといい治療が受けられる」は本当か? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「謝礼を渡すといい治療が受けられる」は本当か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

手術数でわかる いい病院2014 (週刊朝日MOOK)

週刊朝日MOOK「手術数でわかる いい病院2014」では、病院選びのポイントを解説した記事のほか、がん、心臓病、脳疾患、整形外科など各分野別に、全国のべ1万以上の病院の手術数データなどを掲載。

978-4022770103

amazonamazon.co.jp

 ドラマや小説でみる医師への謝礼。実際に必要なのか、患者からするとメリットはあるのだろうか。病院選びのポイントや患者があまり知らない医療の世界の「常識」を分かりやすく解説する2月21日発売の週刊朝日MOOK「手術数でわかる いい病院2014」から紹介する。

「先生への謝礼は必要ですか?」
「いくらくらい包めばいいでしょう?」

 医療関係者にとってはそう珍しくない質問であり、対する答えは「必要ありません」となる。

 健康保険のもとで医師が行うすべての医療行為には「診療報酬点数」が設定されている。医療機関はその点数に応じた医療費を健康保険組合などの保険者と、一部を患者本人から徴収する。これが医療機関の売り上げだ。その組織の従業員である医師は、医療行為という労働の対価として給与を受け取る仕組みになっている。だから謝礼を渡す必要はない。

 現金はもちろん、飴玉一つ受け取らないと公言する病院もある。だが「どうしても受け取ってほしい」と患者が申し出る場合など、現実には謝礼の授受が行われることもある。相場はいくらくらいなのだろう。

「教授クラスだと100万を超えることもあると聞きますが、中堅の講師クラスだと数万から多くて30万円。50万も入っていたら跳び上がりますよ」(首都圏の大学病院に勤務する外科系講師)

「3万、5万、10万というのが多いですね。学会出席のために大学からもらえる出張費には限りがあるので、その資金としてプールしておきます」(別の大学の外科系講師)

「『手術室の皆さんで分けてください』と渡された封筒に入っていた金額が500万円! さすがに400万を返して、残る100万をスタッフで分けました」(別の大学の麻酔科医)

 やはり相場はあってないようなもののようだが、現在は民間病院の院長を務める外科医が口にした「5万円くらいがいちばん受け取りやすい」という証言が正直なところだろう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい