東洋経済オンライン

新型コロナ感染率「血液型で異なる」科学的根拠

新型コロナ感染率「血液型で異なる」科学的根拠

 新型コロナウイルス感染と、血液型との関係が注目されています。国内100以上の医療機関などが参加する「コロナ制圧タスクフォース」の発表によれば、日本人患者の血液型と重症化の関連について調べたところ、「

東洋経済

9/14

  • 「アストラゼネカの血栓」怖がる人が知らない事実

    「2回目はmRNAワクチン」がなぜできないのか? 8月23日、全国の自治体に先駆けて大阪市が、アストラゼネカ製新型コロナワクチンの集団接種をスタートした。同社ワクチンは今年5月の薬事承認と同時に国内生

    東洋経済

    9/7

  • 感染急増「子ども」にワクチンを受けさせるべきか

    SNS上のデマ拡散、黒幕は40億円荒稼ぎの実態 国内で若年層の新型コロナ感染者の増加が著しい。子どもは重症化しづらいとはいえ、皆無ではない。 今のところ、新型コロナの唯一の予防手段がワクチンだ。だが、

    東洋経済

    8/30

  • 日本人に多い「腸を汚すビールのおつまみ」5大NG

    「あの定番メニュー」もじつは要注意!大丈夫? 世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.it

    東洋経済

    8/23

  • アナフィラキシーが怖い人に知ってほしい安心度

    ファイザーワクチンでの日本人の発現頻度は? ファイザー製新型コロナウイルスワクチン(コミナティ筋注、以下、ファイザーワクチン)は、日本を含め、世界中で広く用いられています。このワクチンが日本に導入され

    東洋経済

    8/16

  • 「未婚と既婚」に立ちはだかる「3.68人の壁」の正体

    結局、何人と付き合えば結婚までできるのか?「未婚男性の金がないから結婚できない問題」については、何度かこの連載で取り上げてきました。確かに、生涯未婚率が上昇しはじめた1990年代以降、20~30代男性

    東洋経済

    8/10

  • ゴキブリを見て「不潔な生物」と逃げる人の勘違い

    「刷り込み」が人間の判断力を曇らせる理由 気配を感じるだけでおぞましいゴキブリの存在。でも、生まれ育った環境が違えば、まったく恐れを抱かず、中には食べてしまう人も……。いっ

    3

    東洋経済

    8/3

この人と一緒に考える

  • 大谷翔平への無責任な「差別発言」から学べること

    黒人コメンテーターが犯してしまった間違い「通訳を利用しているので、野球の顔とは言えない」。 7月13日、アメリカのスポーツ専門チャンネルESPNの人気コメンテーターのスティーブン・A・スミスはアメリカ

    東洋経済

    7/28

  • 成城石井「ピスタチオスプレッド」激売れの舞台裏

    発売1年経っても売れ続けている理由はどこに ピスタチオを使ったスイーツが、最近増えている。近所のコンビニを回ったところ、セブン‐イレブンでは、森永乳業のピノのピスタチオ味やプライベート・ブランドのクッ

    東洋経済

    7/19

  • コロナ禍の飲食「ラーメン店」「焼肉屋」が安全な訳

    安全な店とそうでもない店にある決定的な差 新型コロナウイルスの感染予防対策などをめぐっては、さまざまな情報が出回っており、私たち1人ひとりの「リテラシー」も重要になってきている。デマやフェイク情報に振

    東洋経済

    7/12

  • メンタル不調時に「食べてはいけない」3つの食材

     いまリモートワークへの移行が急速に進んでいます。しかし、自粛によるリモートワークがストレスにつながることがあることは、多くのデータで明らかになっています。自身もうつ病に苦しんだ経験をもつ精神科医宮島

    東洋経済

    7/6

  • ムカデが這う「ゴミ屋敷」で育った20代女性の苦悩

    学校の友だちが一人もいない塾が救いだった「ゴミ屋敷」と「父の借金」を体験してきたという彩矢さん(仮名・20代)から届いた取材応募メッセージは、過去最長レベルの3000字超えでした。そのまま記事にしてし

    東洋経済

    7/1

  • 意味がないのに横行しているムダな仕事トップ3

    朝9時に全社員が出社しても1円にもならない「新型コロナウイルスの出現で、仕事の『あたりまえ』が変わった」と語るのは「プレゼンの神」と呼ばれる元マイクロソフト業務執行役員の澤円さん。コロナ禍が始まって以

    東洋経済

    6/21

この人と一緒に考える

  • 地味だけど実は有能な「Windowsキー」の実力とは

    「タッチ1つ」で時短効果が得られる4つのシーン Windowsパソコンのキーボードに必ず備わっている「田」=[Windows]キー。しかし、長年パソコンを使っている人でも、このキーのお世話になったこと

    東洋経済

    6/16

  • 「低視聴率で終わる朝ドラ」の意外すぎる共通点

    なぜか「時代設定80年代以降の作品」は不調ぎみ 5月17日に、NHK連続テレビ小説(通称・朝ドラ)通算104作目となる『おかえりモネ』がスタート。初回の世帯平均視聴率(関東地区)は、19.2%と、前作

    東洋経済

    6/9

  • Go Toトラベルなしで「激安で旅行」する神ワザ

     2021年3月26日、赤羽一嘉国土交通大臣は記者会見を行い、Go Toトラベルに代わる「地域観光事業支援」の実施を発表した。感染状況が落ち着いているステージ2相当以下の都道府県が、居住地と同一県内の

    東洋経済

    4/1

  • 今ペットを飼って「後悔する人」「しない人」の差

     コロナ禍で心の癒やしを求めて、ペットを飼う人が増えています。一般社団法人ペットフード協会の調べによると、2020年に新たに飼い主になった人は、前年度比で犬14%増(46万2千頭)、猫16%増(48万

    東洋経済

    3/26

  • 日本人が苦手な「自己紹介」、心を掴む簡単3秘訣

     日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純

    東洋経済

    3/22

  • 習い事を「毒にする親」「才能につなげる親」の差

    【今度、小学校2年生になる子がいます。新年度が近いこともあり、子どもに習い事をさせたいと思っています。せっかくなら、子どもの才能が伸びるものをと思っていますが、どう選んだらいいでしょうか。また、始めて

    東洋経済

    3/13

1 2 3

カテゴリから探す