「地震」に関する記事一覧

石川・珠洲市の群発地震と「流体」の関係 M7クラスが起きる可能性は

石川・珠洲市の群発地震と「流体」の関係 M7クラスが起きる可能性は

 石川県珠洲市で6月19日、最大震度6弱の地震があった。この地域では約1年半前から 地震活動が活発化していた。その翌日に起きた北海道の宗谷地方は、活断層の影響が考えられる。いずれも警戒が必要だ。AER

AERA

6/28

  • 巨大地震に備えて絶対に持ち歩け! ポケットティッシュ大の極小2アイテムとは

     いつどこで巨大地震が発生するかわからない。災害時に備えて何を持ち歩くべきなのか。通勤などで移動の多いビジネスパーソンだからこそ、知っておきたいことがある。八つの必携品を専門家に聞いた。AERA 20

    AERA

    6/20

  • 勤務中に巨大地震に襲われたら ビジネスパーソンの命を守る「帰宅」前の4プロセス

     巨大地震が発生したとき、私たちはどう行動すればいいのか。通勤などで移動の多いビジネスパーソンだからこそ、知っておきたいことがある。四つのプロセスを専門家に聞いた。AERA 2022年6月20日号から

    AERA

    6/19

  • 震度6強の福島県沖地震と南海トラフ地震の関係は? 専門家が懸念するフィリピン海プレートへの影響

     3月16日深夜、宮城、福島両県で震度6強を観測する地震が起き、広範囲で被害が出た。AERA3月28日号では、今回の地震を緊急取材。専門家が語るメカニズムとは。*  *  *  宮城県石巻市で養殖業を

    AERA

    3/21

  • 巨大地震起きたらどうする? 最も大事なのは「自分の安全を確保すること」

     首都圏を襲う巨大地震はいずれやってくる。では、そのときにどう対応すればいいのか。 最も大事なことは、地震が発生したらすぐに自らの身の安全を確保することだ。古くから地震が起きたときは「まず火の始末」と

    週刊朝日

    1/27

  • 房総半島沖に「巨大地震の未知の震源」を発見 大津波が発生した痕跡も

     トンガの海底火山の大噴火から間もない1月22日未明、宮崎県と大分県を震度5強の地震が襲った。震源は日向灘沖で南海トラフ地震の想定震源域だ。一方、首都圏では未知の巨大地震の痕跡が。「アルマゲドン地震」

    週刊朝日

    1/26

  • 首都圏でM7クラスの地震発生確率「30年間で70%」 死者2万3千人!?

     日本時間の1月15日。南太平洋のトンガ諸島であった海底火山の大規模噴火は、千年に一度クラスという巨大噴火だった。日本の近くにある海溝にも火山は多い。火山と地震は関係あるのか。産業技術総合研究所(産総

    週刊朝日

    1/26

この人と一緒に考える

  • 【独自】富士山より大規模噴火Xデーの可能性が高い16活火山「マグマだまり、兆候ある」と専門家

     日本で標高が最も高い富士山は、大規模噴火の可能性が常に心配される活火山の一つだ。ただ日本は火山大国。専門家の間ではそれ以外の活火山にも目が向けられている。過去の噴火の規模で比較すれば、1707年の富

    dot.

    1/9

  • 山梨、和歌山…相次ぐ地震は大地震の「前震」か 東日本大震災も3年前に岩手で

     本州で立て続けに発生した地震。そして、トカラ列島でも地震が起きた。相次ぐ地震は、近づく南海トラフ地震と関係があるのか──。AERA 2021年12月20日号から。*  *  *「寝ていて跳び起きまし

    AERA

    12/14

  • 相模トラフM8クラスの巨大地震が東京に与える激震「震度7」の脅威

     人口と首都機能が集中する東京には、様々なリスクがある。ドラマ「日本沈没」が話題だが、実際に沈む、沈まないにかかわらず、脅威について考えておくことも必要だ。AERA 2021年11月29日号の特集「日

    AERA

    11/26

  • 南海トラフ地震と相模トラフ地震の影響も…大地震の確率「太平洋側」高地域に専門家の分析

     いつ、どこで大地震は起きるのか──。今後30年以内に震度6弱以上の地震に襲われる確率が、公開された「全国地震動予測地図2020年版」から見えてくる。自分の住む地域の将来の「確率」と、これまで揺れた「

    AERA

    6/5

  • 震度6弱以上の大地震、30年以内に水戸81%、東京47%…専門家「安心できない地域」とは

     今後30年間で震度6弱以上の地震に襲われる確率が、公開された「全国地震動予測地図」から見えてきた。AERA2021年6月7日号では、巨大地震の「発生確率」と過去5年半の「地震回数」を徹底調査。自分の

    AERA

    6/3

  • 「南海トラフ地震」の予兆あり 複数が連動すればM10規模、津波犠牲者47万人も

     各地で地震が頻発している。専門家は「スーパー南海地震」の危険性を指摘する。AERA 2021年5月3日-5月10日合併号から。*  *  * いきなり、ドンと突き上げるような強い揺れが何度もあった。

    AERA

    5/4

この話題を考える

  • 豪雨だけじゃない「首都直下地震」の気になる兆候 全47都道府県の震度別地震データ公開

     停滞する梅雨前線の影響で、連日、甚大な浸水被害が発生している。だが、気がかりなのは集中豪雨だけではない。6月25日には千葉県東方沖を震源とする最大震度5弱の地震、また7月9日朝には茨城県で震度4の地

    AERA

    7/9

  • コロナ禍の災害対策に「在宅避難」のすすめ 「家庭でできる15の備え」専門家が提唱

     新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、大地震などの災害が重なったら……。AERA2020年4月27日号は、そんな「もしも」のために家庭でできる備えを紹介する。*  * 

    AERA

    4/23

  • “売名”と批判されても 紗栄子が被災地支援を10年続ける理由「シングルマザーとして子育てできた恩返し」

     タレントの紗栄子さん(33)が昨年10月、被災地支援やボランティアのための社団法人「Think The DAY」を立ち上げた。千葉を中心に大きな被害をもたらした昨年9月の台風15号の時に、4トントラ

    dot.

    3/19

  • 高層ビル群が積乱雲を生み大雨に 大都市に広域災害のリスク

     8月末、九州北部を襲った大雨で、最も危ないレベル5の「大雨特別警報」が出た。9月も続く台風により、いつどこで同様の水害に遭うかわからない。とりわけ危ないと指摘される大都市の洪水と津波による浸水リスク

    AERA

    9/7

  • この人たちの前なら泣いてもいい… 3.11で3人の子を亡くした男性の8年

     地震発生の時を知らせる長いサイレンが、街中に鳴り響いた。14時46分。木工作家の遠藤伸一さん(50)は今年も、宮城県石巻市の自宅跡地で、当時の避難所仲間やボランティアら50人ほどと手を合わせた。「伝

    AERA

    3/11

  • 大規模な自然災害続いた2018年 高まるリスクへの対処法とは?

     地震、火山の噴火、風水害と、2018年は大規模な自然災害が相次いで日本列島を襲った。どうしたらサバイバルできるだろう? 小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』12月号は「2018年の重大

    AERA

    12/21

1 2 3 4 5

カテゴリから探す