100均グッズでもできる大地震に強い部屋作り 「防災の習慣化」の専門家の知恵は?

国崎信江

2022/04/02 10:00

 今年の3月16日に、福島県沖でマグニチュード7.4の地震が発生しました。2011年の東日本大震災が思い出されるような大規模な地震で、広範囲で停電も起こり、災害対策を見直すきっかけになった人もいるのではないでしょうか。いつやってくるかわからない地震、あるいは空き巣などのトラブルには、日頃からの備えが大切です。今回は、家庭の防災・防犯対策について、危機管理教育研究所代表・危機管理アドバイザーの国崎信江先生にお聞きしました。(自分で自分の健康を守るための健康情報を発信する「セルフドクターWeb」より転載)

あわせて読みたい

  • 2度の大震災で何も学ばない自治体 十分な対策せず放置

    2度の大震災で何も学ばない自治体 十分な対策せず放置

    AERA

    11/10

    阪神淡路大震災から26年 いま必要なふだんの備え

    阪神淡路大震災から26年 いま必要なふだんの備え

    tenki.jp

    1/17

  • 震災「備えしている」はわずか3割 今すべきことは

    震災「備えしている」はわずか3割 今すべきことは

    AERA

    3/11

    現代の子どもはどうして片付けができないのか?

    現代の子どもはどうして片付けができないのか?

    BOOKSTAND

    10/15

  • 震災時に備えてホームパーティ?「災害バディ」のススメ

    震災時に備えてホームパーティ?「災害バディ」のススメ

    AERA

    9/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す