「損保ジャパン」に関する記事一覧

ビッグモーター案件には「査定レス」で対応。問題の温床に営業部門の介入があった
ビッグモーター案件には「査定レス」で対応。問題の温床に営業部門の介入があった

不正の発覚で露呈したビッグモーター(BM)と損損害保険ジャパンの「蜜月関係」。熾烈な契約獲得競争のなかで手を染めることになった「禁じ手」とは? BMに対して施されていた異常な優遇処置を、近刊『損保の闇 生保の裏』(朝日新書)から一部を抜粋して紹介する。

dot.
「ちょっといいですか」ビッグモーターの不正の数々 損保ジャパン社長には寝耳に水だった
柴田秀並 柴田秀並
「ちょっといいですか」ビッグモーターの不正の数々 損保ジャパン社長には寝耳に水だった
損害保険ジャパンの名をどん底まで落としめた旧ビッグモーターによる不正請求問題。同業者の助言に接しながら、なぜ名門損保はブレーキを踏めなかったのか。不正情報がどうやってトップの耳に入り、その後、社内ではどのような対応がなされたのか。問題の顚末を詳細に描いた近刊『損保の闇 生保の裏』(朝日新書)から一部を抜粋して解説する。
損保の闇 生保の裏ビッグモーター損保ジャパン
dot. 6/11
「損保ジャパン」は生まれ変われるのか 内部告発した社員が語る「金融庁立ち入り検査」後の“ガス抜き”と“パフォーマンス”
大谷百合絵 大谷百合絵
「損保ジャパン」は生まれ変われるのか 内部告発した社員が語る「金融庁立ち入り検査」後の“ガス抜き”と“パフォーマンス”
SOMPOホールディングス(HD)と損保ジャパンは1月25日、中古車販売大手ビッグモーター(BM社)による自動車保険の不正請求問題で、金融庁から業務改善命令を受けた。翌26日にはHDと損保ジャパンは合同で記者会見を開き、HDの櫻田謙悟会長兼グループCEOが3月末で辞任すると発表した。事件発覚後、組織の体質を変えようという機運はあったのか。半年前、AERA dot.に現場の実態を内部告発した損保ジャパンの現役社員・Aさんに「その後」を取材した。
損保ジャパンビッグモーター内部告発
dot. 2/7
【損保ジャパン社員が内部告発】「ビッグモーター」との会社ぐるみの“もたれ合い”の実態「請求額は1.5倍が当たり前」
大谷百合絵 大谷百合絵
【損保ジャパン社員が内部告発】「ビッグモーター」との会社ぐるみの“もたれ合い”の実態「請求額は1.5倍が当たり前」
損保ジャパンは8月31日、中古車販売大手ビッグモーター(BM社)による自動車保険の不正請求について、金融庁に調査報告を行った。BM社の不正を認識していながら積極的に加担した「もたれ合い」があったのかに注目が集まるなか、AERA dot.に損保ジャパン現役社員から内部告発があった。保険金査定の現場で渦巻いていた、生々しい“BM社びいき”の実態とは。
損保ジャパンビッグモーター
dot. 9/1
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
1
カテゴリから探す
ニュース
「中身がスカスカで話にならない」 羽田航空機事故の「再発防止策」に「現場」が反論した切実な理由
「中身がスカスカで話にならない」 羽田航空機事故の「再発防止策」に「現場」が反論した切実な理由
航空機事故
dot. 1時間前
教育
【下山進=2050年のメディア第31回】バンス副大統領候補は共和党が貧困層の政党になったことを意味する
【下山進=2050年のメディア第31回】バンス副大統領候補は共和党が貧困層の政党になったことを意味する
下山進
AERA 1時間前
エンタメ
ジャニーズ妻の“治外法権”と言われた「瀬戸朝香」 夫・井ノ原快彦を支える“おしどり夫婦”の現在地
ジャニーズ妻の“治外法権”と言われた「瀬戸朝香」 夫・井ノ原快彦を支える“おしどり夫婦”の現在地
瀬戸朝香
dot. 1時間前
スポーツ
〈見逃し配信〉ヤクルト村上の見逃し三振の球「ストライクだと打者はお手上げ」 「投高打低」は審判ジャッジが一因?
〈見逃し配信〉ヤクルト村上の見逃し三振の球「ストライクだと打者はお手上げ」 「投高打低」は審判ジャッジが一因?
村上宗隆
dot. 4時間前
ヘルス
【心臓手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立循環器病研究センター、2位は川崎幸病院
【心臓手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立循環器病研究センター、2位は川崎幸病院
いい病院
dot. 7/21
ビジネス
「82歳・未経験分野・給与ゼロ」元ソフトバンク副社長がそれでも起業した深い理由
「82歳・未経験分野・給与ゼロ」元ソフトバンク副社長がそれでも起業した深い理由
朝日新聞出版の本
dot. 3時間前