「2022W杯」に関する記事一覧

W杯の謎のマスコット「ライーブ」が現地で大人気? 振り切り方がすごいと絶賛される2つの理由

W杯の謎のマスコット「ライーブ」が現地で大人気? 振り切り方がすごいと絶賛される2つの理由

 強豪国ドイツに続いてスペインも破り、日本中が沸きに沸いているサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会。決勝トーナメントを目前に控え、その盛り上がりに一役買っているのが、開幕セレモニーで姿を現した

dot.

4時間前

  • W杯「ベスト8」の壁 日本代表が優勢?前回準優勝「クロアチアの実力」とは

     土俵際から再び逆転での“大金星”を挙げ、グループE1位で2大会連続4度目の決勝トーナメント進出を果たした日本代表。「まだ見ぬ景色」である日本史上初のベスト8進出へ向けての&l

    dot.

    12/2

  • W杯で気付かされた「地上波よりABEMAのほうが便利」という事実 放映権料「200億円」の舞台裏

     連日連夜、日本中を“楽しい寝不足”にさせているサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会。その中継で名を上げたのが、無料で楽しめるインターネットテレビ局「ABEMA」だ。「

    dot.

    12/1

  • 三笘、谷口は筑波大出身 サッカーW杯・歴代の日本代表選手を生んだ大学は?

     熱戦が続く、2022年サッカーワールドカップカタール大会。日本代表は23日、グループリーグ初戦でドイツに逆転勝ちして幸先の良いスタートを切ったが、27日のコスタリカ戦でまさかの敗戦を喫した。強豪スペ

    dot.

    12/1

  • W杯コスタリカ戦で山根に声を荒らげた鎌田の「真意」 最強スペインを相手に日本が取るべき戦略

     日本は、ドイツ戦で得たアドバンテージをコスタリカ戦で失った。数字を見れば2試合で勝ち点3を手にし、グループEの2位につけているのだから、それほど悪い結果ではないのかもしれない。ラウンド16進出の可能

    dot.

    12/1

  • 「なぜタケが使われないのか?」 海外メディア記者が語ったW杯日本代表の“要注意”選手

     ワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本は2試合を終えてグループEの2位につける。勝ち点は3。ただし、第3戦のスペイン戦の結果いかんで、首位にも最下位にもなる状況だ。つまりラウンド16進出も、グル

    dot.

    12/1

  • サッカーW杯日本代表の出身高校は? 全国高校サッカー「優勝経験校」から4人が選出

     2022年サッカーワールドカップカタール大会では熱戦が繰り広げられている。 今回のサッカー日本代表(以下、カタール大会日本代表)の出身高校を見ると、サッカー強豪校はそれほど多くない。なかでも意外だっ

    dot.

    12/1

この人と一緒に考える

  • 本田圭佑もいずれ? 日本代表「未来の監督」、日本人限定なら候補になり得る「5人の指揮官」

     7大会連続7回目のW杯に挑んでいる日本代表。グループステージ初戦でドイツ相手に後半戦から果敢に仕掛けて2対1で歴史的大金星を挙げた森保ジャパンだったが、続く第2戦のコスタリカ相手には立ち上がりからの

    dot.

    11/30

  • サッカー日本代表“ドーハの歓喜”にいたる29年の軌跡

    “ドーハの悲劇”から29年。日本代表は幾度となく世界の高い壁に跳ね返されてきた。強豪ドイツを倒して期待が高まるが、その歴史を振り返ると、決して番狂わせではないといえる。*  *

    週刊朝日

    11/30

  • カンニング竹山

    カンニング竹山

    カンニング竹山 サッカーW杯「本当のところはどうなんだろう?」と思うこと

    現在、熱戦が続くサッカーワールドカップカタール大会。お笑い芸人のカンニング竹山さんは、純粋にサッカー観戦を楽しみながらも、その裏側にある問題にモヤモヤ感が拭い去れないという。*  *  *「本当のとこ

    dot.

    11/30

  • W杯で下馬評を覆す日本代表 森保監督の解任論がチームの結束力に?

     カタールW杯の初戦で強豪ドイツを相手に逆転勝利を飾った日本代表。背景には、森保解任論で強まった指揮官と選手の結束力があったという。日本代表は「新しい景色」を見ることができるのか。本当の戦いは始まった

    週刊朝日

    11/30

  • 三笘薫、現地メディアの評価が急上昇 スペイン戦で「スタートから使ってほしい」の声

    「ミトマは凄い。彼はスーパースターになれる」 W杯が開催されているカタールで取材するサッカー雑誌の編集者は、自己紹介で外国のジャーナリストに日本人であることを伝えると、三笘薫を絶賛される機会が非常に多

    dot.

    11/29

  • 日本も大金星を挙げたカタールW杯、“波乱”起こす「アジア勢の実力」は本物なのか

     熱戦が続くサッカーW杯カタール大会。森保ジャパンの戦いに“一喜一憂”させられることになっているが、その日本代表の戦いも含め、今大会のグループステージ全48試合中28試合を終え

    dot.

    11/28

この話題を考える

  • W杯で熱狂するサポーター映像にSNSで「もう日本だってマスク不要」の声 専門家の見解は?

     サッカーのワールドカップ(W杯)で日本代表が強豪ドイツに大逆転で勝利を収めると、SNSでは歓喜の声で溢れかえった。一方で、会場に集まって日本を応援するサポーターがマスクをしていない様子がたびたび映像

    dot.

    11/27

  • W杯ドイツ戦に逆転勝利の日本代表 国内外から称賛の嵐でも「森保万歳」にならない理由

     カタールW杯のグループステージで、日本代表がドイツ代表に2-1で逆転勝利を飾った試合は世界中に衝撃を与えた。奮闘したのはピッチの選手だけではない。勝利の立役者のひとりが森保一監督であることは間違いな

    dot.

    11/26

  • 森保ジャパン大逆転劇は奇跡ではなく「ドーハの必然」 選手が次々明かす監督采配に“信頼”の声

     日本中が興奮のるつぼと化したドイツ戦での勝利。その驚くべき結果に、世界中が目を丸くした。日本のサッカー史に新たな1ページを加えたのは、見事な采配で大逆転劇を演出した日本代表・森保一監督だ。大一番とな

    dot.

    11/26

  • 本田圭佑「解説者向きではない」の声一蹴 SNS上で「本田△」が再脚光

     サッカー日本代表は23日、カタールW杯のグループリーグ初戦で強豪のドイツ代表に2対1で逆転勝利を収め、日本中を歓喜の渦に巻き込んだ。 ゴールを決めた堂安律、浅野拓磨など試合で活躍した選手がスポットラ

    dot.

    11/24

  • 本田圭佑のW杯「オレ流」解説 「さん付け」や「監督目線」など独特な手法に称賛の声

     23日に行われたカタールW杯初戦で、日本代表がドイツ代表に2-1で逆転勝利を飾った。日本のサポーターだけでなく、世界中のサッカーファンにも衝撃を与える大金星だったが、この熱戦で株を上げたのは、森保一

    dot.

    11/24

  • 日本代表が強豪ドイツに大金星! 早くも注目を浴びる国内組の“意外な選手”とは

     20日に開幕したサッカーW杯カタール大会。日本代表は23日に行われた初戦の強豪ドイツ戦(2対1)で大金星を挙げ、グループリーグ突破へ向け素晴らしいスタートを切った。 チームとしての躍進が今後も期待さ

    dot.

    11/24

1 2

カテゴリから探す