「眞子さん」に関する記事一覧

  • 歌会始で金木犀を詠んだ佳子さまの悲鳴 小室眞子さん思い「悔しくて涙が出た」

     1月18日に「歌会始の儀」が執り行われた。 秋篠宮家の次女、佳子さまが詠進したのは、年頃の女性らしく花を題材にした和歌だった。 窓開くれば金木犀の風が入り甘き香りに心がはづむ 秋のある日にお部屋の窓

    dot.

    1/20

  • 注目される悠仁さまの進学先「愛子さまと比べ、“私”を重要視してみえる」河西秀哉准教授

     年が明け大学入試センター試験を皮切りに、中学、高校、本格的受験シーズが到来。皇位継承順2位である悠仁さまの進学先にも大いに注目が集まっている。象徴天皇制に詳しい歴史学者で名古屋大学人文学研究科准教授

    dot.

    1/3

  • 悠仁さまの進学問題で眞子さん、佳子さまが広げた波紋と紀子さまの悲痛 「学習院で学んでいれば…」

     秋篠宮家の長女・眞子さん(30)の結婚問題が一段落し、12月29日に次女・佳子さまが27歳のお誕生日を迎えられた。次に待ち構えるのは悠仁さま(15)の進学先問題だ。皇室に生まれた男子は学習院で学ぶの

    dot.

    12/29

  • 小室さん眞子さん結婚会見「30歳のお2人は幼過ぎた! 小室圭さんいいとこナシ」倉田真由美【2021年下半期ベスト20】

     2021年も年の瀬に迫った。そこで、AERA dot.上で下半期に読まれた記事ベスト20を振り返る。6位は「小室さん眞子さん結婚会見「30歳のお2人は幼過ぎた! 小室圭さんいいとこナシ」倉田真由美」

    dot.

    12/26

  • 上皇さま歴代最高齢の米寿に 小室眞子さんの幸せを美智子さまと願う

     12月23日に上皇さまが米寿(88歳)の誕生日を迎えた。 上皇さまは1933(昭和8)年12月23日生に生まれ。ことしの9月2日には、誕生から3万2031日を迎えて父の昭和天皇と並び、以降

    dot.

    12/23

  • 愛子さまは黒田清子さんをお手本にする成長ぶりなのに、皇室の有識者会議でタブーな理由

     重い空気が続いていた皇室にとって、愛子さま12月1日に20歳の成年を迎えたことは、ひさしぶりの明るいニュースだった。  愛子さまの成年から5日後の12月6日。このタイミングで、清家篤・元慶応義塾長を

    dot.

    12/19

この人と一緒に考える

  • なぜ小室眞子さんは圭さんに必死だったのか 秋篠宮さまのよそよそしさから読み解く

    「夫の方については」「面会していた時間が20分位」「何か印象に残ることというのは特にありません」――。 秋篠宮さまの56歳の誕生日会見で国民が感じたのは、長女眞子さんの夫、小室圭さんへのよそよそしさだ

    dot.

    12/4

  • 小室眞子さん圭さんのニューヨーク新生活 華麗なる人脈づくりに外務省や宮内庁は関与するのか

    「外務省や宮内庁が、お二人を公的に手助けすることはない」  ある宮内庁幹部がそう口にしたのは、小室眞子さんと夫の圭さんが結婚する数日前のことだ。 建前としては、現役の皇族が海外に滞在するときのように表

    dot.

    11/23

  • 小室夫妻がすぐNYへ出発した背景に「生活をサポートする日本人有力者」の存在

     小室眞子さん(30)と圭さん(30)が14日午前、ついに日本を離れてニューヨークに飛び立つ。 10月26日の結婚後、眞子さんは圭さんと共に東京都内のマンションに滞在、渡米の準備を進めていた。当初は、

    dot.

    11/14

  • 小室夫妻NY新生活の現実 「複雑性PTSDの眞子さんを支える圭さんら身近な人が大変」精神科医

     小室眞子さんと圭さんは米国に14日、出発する。その2日前、圭さんは母親の元婚約者と面会し、金銭トラブルの解決への道筋をつけたと思われる。けじめをつけたうえで米国での新生活が始まる。ふたりの住まいは、

    dot.

    11/13

  • 眞子さん、最後まで慈しんでくれた祖父・川嶋辰彦さんとのお別れ「生前は皇室行事にも出席せず、孫と会うのも控える」

     秋篠宮妃・紀子さまの父親で、学習院大学名誉教授の川嶋辰彦さんが4日、東京都内の病院で亡くなった。81歳だった。川嶋さんは東京大経済学部を卒業し、1971年、米ペンシルベニア大大学院の博士課程を修了。

    dot.

    11/4

この話題を考える

1 2

カテゴリから探す