「地震」に関する記事一覧

  • 補償範囲は? 金額は? プロが解説「火災保険と地震保険の違い」

     災害に見舞われた時、頼りになるのが保険だ。しかし損害保険は複雑でわかりにくい。来年からの保険料値上げも公式発表された。今こそ、新規加入か見直しが必要だ。*  *  * 災害が頻発する日本で、備えとな

    AERA

    9/30

  • カンニング竹山

    カンニング竹山

    「北海道旅行はいま穴場だぞ!」カンニング竹山が災害報道に違和感

     今月6日、北海道を襲った震度7の地震。それによりホテルや旅館などの宿泊キャンセルが94万2千人分に上り、交通費や飲食費などを含めると292億円の影響が出ているとの推計を北海道庁が発表している。北海道

    dot.

    9/26

  • 「危ないのは活断層」は間違い 内陸ではどこでも震度7の可能性が…

     北海道で観測史上初めて震度7を記録した、北海道胆振地方を震源とする地震。震源に近く広範囲で斜面が崩れた厚真町では36人が犠牲になった。震源から約50キロ離れた札幌市では、住宅地で液状化の被害が出たり

    AERA

    9/19

  • 「高潮は想定外だった」 台風21号で関空マヒ 見えた都市型災害の落とし穴

     北海道で地震が発生した6日、大阪府豊中市の保育園では、約2日ぶりにようやく停電が解消した。4日に関西を直撃した台風21号の影響で、市内や周辺の広域にわたり、停電が続いていた。この保育園に子どもを預け

    AERA

    9/8

  • ドミノ停電でススキノが闇に沈んだ 北海道「ブラックアウト」の背景は

     北海道が闇に包まれた。道内ほぼ全域で電力が止まる「ブラックアウト」だ。6日に起きた最大震度7の地震は、大都市が電力を失う恐怖を浮き彫りにした。*  *  *「ドーン」 6日午前3時8分ごろ、北海道中

    AERA

    9/8

  • 熱中症を予防する経口補水液、離乳食… 停電・断水中の被災地で使える5ワザ

     6日午前3時8分ごろ、北海道で発生した震度7の地震で道総務部危機対策局危機対策課によると2人の死者が出た。安否不明は30人以上にのぼるとみられ、道内全域で発生した停電はまだ復旧のめどが立っていない。

    dot.

    9/6

この人と一緒に考える

  • 鈴木おさむ

    鈴木おさむ

    鈴木おさむが特番“東京危険度マップ”を提案 そのワケは?

     放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。鈴木氏は「地震の危険度測定調査」に衝撃を受けたという。*  *  * 千葉、群馬ときて、大阪で震度6弱。日本に住むこ

    週刊朝日

    7/5

  • 大阪北部地震 被災してないのに「PTSDかも」と不安抱える人が急増 元自衛隊メンタル教官が解説

    「阪神淡路大震災を思い出した」という声も上がった大阪北部地震。ここ数年だけでも東日本大震災や熊本地震など甚大な被害をもたらした地震や災害が相次いだ日本では、被災地から離れた場所でも過去の記憶から「PT

    dot.

    6/23

  • 「役立たず」「パニックあおるだけ」 揺れてから鳴った地震速報の限界とは

     会社員の男性(37)は地震発生時、すでに梅田(大阪市北区)にあるオフィスに出社していた。大きな揺れを感じ、机の下に潜った。すると、机上に置いたままの携帯から緊急地震速報が流れた。「揺れ始める前に鳴れ

    AERA

    6/19

  • 震度6強以上で「危険」が都内に154棟 渋谷109やロアビルも…

     地震で怖いのは建物が壊れることだ。津波は到達までに高台に逃げることができるが、大きな建物が倒壊すれば一瞬で多くの命が奪われかねない。 東京都が3月末に公表したデータは、地震の怖さを改めて思い起こさせ

    週刊朝日

    5/22

  • 23区の3分の1が浸水 東京を襲う「高潮」の恐怖

     地震の恐ろしさは知っていても、高潮についてはよくわからないという人もいる。実は、東京のような海に面し低地が広がる都市にとって、地震以上に警戒すべき災害だ。 高潮とは発達した低気圧により、海面が吸い上

    週刊朝日

    5/22

  • 天皇、皇后両陛下は、なぜ被災地を巡るのか 皇室担当記者たちが明かす未公開秘話

     天皇、皇后両陛下は、なぜ被災地を巡るのか──。東日本大震災発生から7カ月後の2011年10月、皇后さまが誕生日に発表した文書をきっかけに、朝日新聞社会部の皇室担当記者の取材が始まった。そこからの両陛

    週刊朝日

    2/24

この話題を考える

  • 地震の活動期に入った日本 2018年に危ないのはどこか?

     北海道沖で切迫した超巨大地震の可能性――。政府の地震調査研究推進本部が2017年12月、こんな気になる発表をした。地震大国の日本に住む限り、いつ大地震や噴火に見舞われてもおかしくない。2018年、危

    dot.

    1/2

  • マンションで地震発生! 専門家が準備した意外なものとは?

     熊本地震の直後、避難所暮らしや車中泊する被災者が多く報じられ、倒壊した一戸建て住宅の映像が何度もテレビに写し出されました。しかし、マンションでの避難生活の実態はあまり報じられませんでした。 東日本大

    dot.

    9/1

  • 熊本地震から1年、ドローンで空から見た被災地の今

     2016年4月14日21時26分、同16日1時25分。熊本市の東、そして熊本空港の南に位置する益城町を震源地とする熊本地震が発生した。 あれから1年。被災地・各地の状況をドローンを使って空撮した。 

    週刊朝日

    4/14

  • 小島慶子

    小島慶子

    小島慶子「私が低いヒール靴しか履かない理由」

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの

    AERA

    3/12

  • 建築家・隈研吾さんが語る震災対策 「シェアハウスを建て ご近所力を向上」

     東日本大震災、そして福島第一原発の事故から6年。熊本地震からも、まもなく1年がたとうとしている。いずれの地でも復興は道半ばで、いまも多くの人々が不自由な暮らしを強いられている。しかしその現実の一方で

    AERA

    3/12

  • 大地震発生! ターミナル駅で取るべき3つのアクション

     東日本大震災から6年。地震活動期に入ったと言われる日本では、次にどこで大震災が起こってもおかしくない状況だ。地震発生時、もし首都圏、それも1日に約360万人が乗降する日本最大のターミナル駅・新宿周辺

    dot.

    3/11

1 2 3 4 5

カテゴリから探す