「働く女性」に関する記事一覧

  • 待機児童問題で多摩市が職員の子ども優遇で裁判沙汰

     待機児童の増加が社会問題化して久しいが、東京都多摩市の職員の子どもが“優遇”されて保育園に入所した疑いが浮上している。 2014年12月、児童の入所選考や保育園への補助金交付を担当する「子育て支援課

    週刊朝日

    1/16

  • 話題の「下ごしらえ」が自分を救う! 人気DJが明かす会話の“おもてなし術”

     初対面の方と食事をする、初めての現場で仕事をする、子どもの学校で初めての親子行事があるなど、そういうときは、話題の「下ごしらえ」をしておきませんか。行き当たりばったりのノリで会話はできるかもしれませ

    dot.

    1/6

  • 年末の大掃除 「夫が家事をしない」家にはある共通点があった!

     そろそろ大掃除の時期。どんなにキレイに片付けてもすぐに散らかるし、そもそもなぜ私だけが家事をしなきゃいけないの!? そんなモヤモヤを積もらせている女性は少なくないでしょう。男性の場合もあるかもしれま

    dot.

    12/14

  • 「今をぶっ壊したい」31歳美人シングルマザー社長と漁師たちの挑戦が変える水産業

     蒲田にある『居酒屋あんばら』が宅配便で受けとった「鮮魚BOX」は温度センサーつきだ。4本の温度計が箱の内側の両サイド、箱の底、魚のえらの中に差し込まれ、24時間、箱内の温度の変化を記録する。「輸送の

    dot.

    11/24

  • 2017保活に勝つ 働く親たちが大ブーイングの“行政の変更”に秘策

     来年度の4月入園に向けて、保活が本番を迎えています。入園に向けての募集要項が、9月初旬から11月上旬にかけて公表され、まさに申し込みを済ませた家庭も多いはず。審査結果を待つ人も、これから保活を控える

    dot.

    11/15

  • 西澤寿樹

    西澤寿樹

    不妊治療でセックスが義務化 夫婦を再構築する2つの方法

     東京・渋谷にカウンセリングルームを構え、数多くのカップルのカウンセリングを担ってきた臨床心理士の西澤寿樹さんが、男女の問題をわかりやすく読み解くコラム。今回は「不妊治療がもたらすセックスレス」につい

    dot.

    11/6

この人と一緒に考える

  • ピンヒール美女が漁船で大ゲンカ 彼女が島で荒くれ漁師たちをたばねる理由

     結婚を機に地方に移住したシングルマザーが、ひょんなことから漁師の社長になった。漁師たちから「悪魔」と呼ばれながらも、なぜ漁師集団を一つにまとめ、成功できたのか? その波瀾万丈な道のりが『荒くれ漁師を

    dot.

    9/29

  • 「転勤死ね!!!」言えないワーママの悲痛な叫び

     辞令一つでどこへでも。勤め人を翻弄し、家族を振り回してきた転勤。育児や介護、病気などさまざまな事情を抱える従業員が増え、旧態依然の制度は見直しを迫られている。最前線のワーママの実情は。 育休中の30

    AERA

    4/17

  • 育休復帰まで1カ月 ワーママがしておくべき20のこと

     通勤電車も、大好きだった仕事も、遠い記憶の彼方に……。そんな職場復帰直前のママとパパだからこそ、考えるべきことがある。この時間が、きっと両立生活のストレスを大きく減らしてくれるはずだ。 頭をめぐらす

    AERA

    3/10

  • 保活の選考「優先順位」翻弄される親たち 「引っ越し」がアダになる区も

     どの子を入園させ、どの子を待機にするのか。その線引きは難しい。毎年のように見直される基準に、親たちは翻弄されるばかりだ。「保活」という名の椅子取りゲームは、一体いつまで続くのか。 認可保育園の申し込

    AERA

    2/27

  • リアル「ドクターX」の苦悩と現実 「女の心臓外科医はいらない」と言われ…

     目の前の命を救う。それを自分の命ある限り、続けるだけ――。人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)に登場する主人公の揺るぎのない信念。これを体現する女性外科医が、現実に存

    dot.

    2/9

  • 「なぜ私だけ?」いまだに続く共稼ぎ夫婦「妻の不公平感」

     日進月歩の家電の進歩で、家事は驚くほど楽になって…いないのはなぜだ! 気が付かぬうちに“メタボ化”した家事は時に苦役だ。家事は本来生きること。私たちの手に、家事を取り戻そう。AERA 2017年2月

    AERA

    2/7

この話題を考える

  • うやむや保育園問題 「日本死ね」投稿者の怒りは収まらず

    「『死ね』が、いい言葉だなんて私も思わない。でも、その毒が、ハチの一刺しのように効いて、待機児童問題の深刻さを投げかけた」 2月、保育園の抽選に落ちた匿名の投稿ブログに端を発し、日本を席巻した「保育園

    週刊朝日

    12/23

  • 浜矩子

    浜矩子

    浜矩子「"女性活躍推進法"という短縮形が隠す真相」

     経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。*  *  * 今回は、恥を忍んで我が不覚の一件についてご報告

    AERA

    12/11

  • 「高齢出産で子育てと介護の課題を知った」丸川珠代議員が感じる使命とは

     日本の衆参両院の国会議員(717人)のうち、女性は94人。世界を見渡しても、日本の国会議員の女性比率は低い。彼女たちは男社会の永田町でもがき、懸命に闘っている。オヤジ化した自分と決別する女性議員も出

    AERA

    11/14

  • イクメン不倫騒動の影でマタハラ… 金子恵美議員が涙した国会議員の“男社会”

     日本の衆参両院の国会議員(717人)のうち、女性は94人。世界を見渡しても、日本の国会議員の女性比率は低い。彼女たちは男社会の永田町でもがき、懸命に闘っている。オヤジ化した自分と決別する女性議員も出

    AERA

    11/9

  • 家事の分担をめぐるケンカも解決!? プログラミング思考のすごさとは

     これからを生き抜くために必須の能力。それが「プログラミング思考」。論理的思考、問題解決能力などと言い換えてもいい。カリスマプログラマーは、「仕事や日常生活にも役立つ」と言うけど本当? プログラマーで

    AERA

    10/30

  • 女医たちにとって医師の世界は「10年遅れの男性社会」

     着任早々、あいさつもそこそこに聞かれた。「結婚、出産の予定はあるか」 と。自治体が運営する病院に勤務する小児循環器内科の女性医師(35)が、以前勤務した病院で体験したことだ。聞いてきたのは上司の男性

    AERA

    9/27

1 2 3 4 5

カテゴリから探す