「佐々木朗希」に関する記事一覧

活躍目立つ「佐々木朗希世代」 「松坂世代」「マー君世代」…過去最強の「世代」は?

活躍目立つ「佐々木朗希世代」 「松坂世代」「マー君世代」…過去最強の「世代」は?

 2019年のドラフトで入団した選手がブレークしている。いわゆる「佐々木朗希世代」はほかに、奥川恭伸(ヤクルト)、宮城大弥(オリックス)、紅林弘太郎(オリックス)、石川昂弥(中日)、西純矢(阪神)、及

dot.

16時間前

  • 東尾修

    東尾修

    佐々木朗希ならできる!「審判を味方につけて操る投球術」 東尾修の見立て

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、いま注目のロッテ佐々木朗希投手について論じる。*  *  * 今回もロッテ・佐々木朗希の話をしたい。今度はアンパイアとの付き合い方である。4月24

    週刊朝日

    5/14

  • 佐々木朗希のような“異次元”な成績 「野手」で期待できる現役&アマ選手を挙げるなら

     今年のプロ野球で最も強烈なインパクトを残している選手と言えばやはり佐々木朗希(ロッテ)になるだろう。4月10日のオリックス戦では28年ぶりとなる完全試合を達成するとともに、13者連続奪三振のプロ野球

    dot.

    5/12

  • “こんな投手、見たことない” ロッテ佐々木朗希が進化する「未完の怪物」になったワケ

     ロッテの佐々木朗希が投球内容から球審との騒動まで話題をさらっている。課題は多いという「未完の怪物」。どこまで進化するのかますます注目が集まる。AERA2022年5月16日号の記事を紹介する。*  *

    AERA

    5/10

  • データが示す佐々木朗希の秘密「まだ粗削りでのびしろばかり」

     新たな球界のエース誕生か──。そう予感させるには十分すぎる圧巻の投球だった。大谷翔平に続く“怪物”が、完全試合でついにそのベールを脱いだ。千葉ロッテの佐々木朗希、その&ldq

    週刊朝日

    4/20

  • 佐々木朗希の「完全試合中継なし」批判報道 地元局は「困惑」し地元ファンからは疑問の声も

     千葉ロッテの佐々木朗希投手(20)が完全試合を達成した歴史的一戦について、生中継しなかった地元の千葉テレビに批判が寄せられているとの一部報道があった。だが、そもそもテレビ局のプロ野球中継予定は開幕前

    dot.

    4/12

この人と一緒に考える

この話題を考える

1

カテゴリから探す