• 特集
  • コロナ、これから ~みんなで考えるウィズコロナ~

コロナ、これから ~みんなで考えるウィズコロナ~

  • 夏に大流行は起こるのか?「コロナ全数把握」やめる前にすべきこと【都医師会会長1問1答】

    夏に大流行は起こるのか?「コロナ全数把握」やめる前にすべきこと【都医師会会長1問1答】

     新型コロナウイルスの感染拡大による医療体制の逼迫と危機感は、記憶に新しい。今後医療逼迫が再び起こる可能性はあるのか。今後新型コロナウイルスはどのような位置づけになっていくのか。尾崎治夫・東京都医師会

    AERA

    6/7

  • アクリル板で空気が滞留して「逆効果」も? 都医師会会長に聞く効率的なコロナ対策

    アクリル板で空気が滞留して「逆効果」も? 都医師会会長に聞く効率的なコロナ対策

     国や自治体は、マスク着用が推奨される場面や年齢、会食する人数などを緩和しつつある。夏に向けて対策はどうなるのか。尾崎治夫・東京都医師会会長に聞いた。*  *  *■幼児のマスク着用と情緒発達Q:新型

    AERA

    6/6

  • 新型コロナワクチン 4回目で「終わり」ではない 効果とさらなる追加接種の可能性

    新型コロナワクチン 4回目で「終わり」ではない 効果とさらなる追加接種の可能性

     5月下旬から、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種が始まる。今回の接種対象は限定的だが、秋にはより幅広い人を対象にした接種が再び始まる可能性がある。AERA 2022年5月30日号から。 

    AERA

    5/24

  • 「在宅勤務からフル出社」で寝つきが悪化 “出社圧”に悩む人へ心身の健康を保つ3つの方法

    「在宅勤務からフル出社」で寝つきが悪化 “出社圧”に悩む人へ心身の健康を保つ3つの方法

     大型連休が3年ぶりに「行動制限なし」となるなど日常が再開される中、各職場でもフル出社再開などコロナ前の勤務形態に戻り始めている。心身の健康を崩さないためにはどうしたらいいのか。AERA 2022年5

    AERA

    5/23

  • ハイブリッドのオミクロン「XE」が登場 感染対策緩和下での防衛法とは

    ハイブリッドのオミクロン「XE」が登場 感染対策緩和下での防衛法とは

     オミクロン株BA.2への置き換わりが6割を超え、新規感染者が下げ止まっている。海外ではBA.1とBA.2の遺伝情報の一部が組み換わったハイブリッドの系統も見つかった。AERA 2022年4月18日号

    AERA

    4/12

  • コロナ高齢重症者の認知症リスクは約9倍 重症以外でも「脳に変化」か

    コロナ高齢重症者の認知症リスクは約9倍 重症以外でも「脳に変化」か

     各国の研究チームが新型コロナウイルス感染者のその後の健康状態を調査。その結果、脳神経細胞の減少による認知機能が低下することがわかった。さらに年齢や重症度について分析した。AERA 2022年3月28

    AERA

    3/27

  • 新型コロナ感染で認知機能低下のリスク 英オックスフォード大ら調査、401人のデータから

    新型コロナ感染で認知機能低下のリスク 英オックスフォード大ら調査、401人のデータから

     新型コロナウイルスに感染すると、脳が萎縮したり、認知機能が低下したりするリスクの高まることが欧米や中国からの報告でわかった。AERA 2022年3月28日号の記事を紹介する。*  *  * 英オック

    AERA

    3/26

  • 「目当てはコロナ保険金5万円」無料PCR検査拡大に潜む意外な目的 「感染してもいい」油断の背景

    「目当てはコロナ保険金5万円」無料PCR検査拡大に潜む意外な目的 「感染してもいい」油断の背景

     新型コロナの新規感染者数に減少傾向が見られるものの、依然として多数の感染者が報告されている。長引く感染状況を受けて、各地で無料のPCR検査の実施を延長する動きもある。もちろん、無料PCRを受けるほと

    dot.

    3/17

  • 感染後の接種 副反応の出方と「隔離期間終わればいつでもいい」理由

    感染後の接種 副反応の出方と「隔離期間終わればいつでもいい」理由

     新型コロナウイルスに感染歴のある人がワクチン接種を受けると、感染歴のない人よりも強い免疫が確認された。では副反応はどうか。AERA2022年3月14日号から。*  *  * 新型コロナウイルスに感染

    AERA

    3/9

  • 20代前半の若者は孤独感が高い傾向 背景に「テレワーク孤独」「SNSで他人と比較」も

    20代前半の若者は孤独感が高い傾向 背景に「テレワーク孤独」「SNSで他人と比較」も

     新しい働き方として普及しつつあるテレワーク。出勤しないことによるメリットは多いが、職場でのコミュニケーションが減り孤独を抱える人も少なくない。中でも20代前半の若者の孤独感が強いことが調査でわかった

    AERA

    3/5

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

カテゴリから探す