「炎上」の一言で済ませない 哲学者が考える「建設的な批判」とは

哲学

2022/12/12 17:00

SNSの普及以降、ネット上で頻繁に見かけるようになった「炎上」という言葉。『いつもの言葉を哲学する』(朝日新書)を著した哲学者の古田徹也氏は、建設的な批判であっても誹謗中傷であっても、「炎上」という言葉でひとまとめにしてしまうことの危うさを説く。建設的な批判を実践するためには、具体的にどうすればいいのだろうか。同書から一部を抜粋して解説する。

あわせて読みたい

  • 水原希子サントリーCMヘイト炎上が問う、企業の「政治的スタンス」

    水原希子サントリーCMヘイト炎上が問う、企業の「政治的スタンス」

    ダイヤモンド・オンライン

    9/19

    “炎上クイーン”加藤紗里が「引退」宣言 「批判できるのもあと少し」

    “炎上クイーン”加藤紗里が「引退」宣言 「批判できるのもあと少し」

    dot.

    12/2

  • 増加するSNSの炎上、ツイッターで独り言のつもりが非難集中 投稿前に「1千人の前で同じ発言できるか」意識を

    増加するSNSの炎上、ツイッターで独り言のつもりが非難集中 投稿前に「1千人の前で同じ発言できるか」意識を

    AERA

    12/11

    “秘密結社・主夫の友”メンバーが徹底検証 自民党の萩生田議員「男も育児は迷惑だ」は本当か?

    “秘密結社・主夫の友”メンバーが徹底検証 自民党の萩生田議員「男も育児は迷惑だ」は本当か?

    dot.

    6/1

  • 小室圭さんはひと足先に米国へ 眞子さまの病状説明で宮内庁はなぜ「批判」と言わず、「誹謗中傷」と強調したのか

    小室圭さんはひと足先に米国へ 眞子さまの病状説明で宮内庁はなぜ「批判」と言わず、「誹謗中傷」と強調したのか

    dot.

    10/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す