“日本版”現役ドラフトがいかに本家と違うのか 育成契約の“逃げ道”など気になる点が多数

ドラフト

2022/11/26 18:00

 NPBでは今年から初の試みとして「現役ドラフト(ブレークスルードラフト)」が行われる(12月9日)。そもそも現役ドラフトとは何かというと、通常のアマチュアをメイン対象としたドラフトとは違って現役のNPB選手を対象としたドラフトで、チーム事情などにより出場機会が少なくなってしまっている選手、いわゆる「飼い殺し」を防ぐために移籍を活性化させる目的で導入される制度だ。その趣旨はMLBのルール5ドラフトも変わらないが、その実態は元ネタとは大いに異なったものとなった。今回はその点を深掘りしてみようと思う。

あわせて読みたい

  • 巨人の“飼い殺し”なくなる? 「現役ドラフト」はメジャーで機能、日本導入には問題点も

    巨人の“飼い殺し”なくなる? 「現役ドラフト」はメジャーで機能、日本導入には問題点も

    dot.

    2/9

    飼い殺し選手を救え!「現役ドラフト」を導入すれば、どんな選手が対象になるのか【西尾典文】

    飼い殺し選手を救え!「現役ドラフト」を導入すれば、どんな選手が対象になるのか【西尾典文】

    dot.

    2/20

  • 現役ドラフト移籍組「飛躍しそうな選手5人」は?  “飼い殺し”解消には課題も

    現役ドラフト移籍組「飛躍しそうな選手5人」は?  “飼い殺し”解消には課題も

    dot.

    12/13

    プロ野球「現役ドラフト」が導入されたら…昨年の成績もとに“対象選手”を探った

    プロ野球「現役ドラフト」が導入されたら…昨年の成績もとに“対象選手”を探った

    dot.

    2/25

  • 楽天は西巻のプロテクト外しに失敗? 巨人・原監督は人的補償廃止を提言 FA交渉激化で議論再燃

    楽天は西巻のプロテクト外しに失敗? 巨人・原監督は人的補償廃止を提言 FA交渉激化で議論再燃

    dot.

    11/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す