医学部生が主人公のマンガ『Dr. Eggs』を大学医学部教授が読んでみた 「内容は実にリアル」

現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと”

Dr. Eggs

2022/11/11 07:00

医学部を舞台にしたマンガ『Dr. Eggs』(三田紀房、「グランドジャンプ」で連載中)がある。とくに医師になりたいわけではないが、高校の担任の先生にすすめられるまま地方の国立大学の医学部へ入った主人公の医学部生活を描く。近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授の大塚篤司医師は、AERAdot.連載担当編集者からこのマンガを紹介されて読んでみた。

あわせて読みたい

  • 「ドラゴン桜」作者が医学部生マンガを描くきっかけは「成績がいいだけで医学部受験。意外に感じた」

    「ドラゴン桜」作者が医学部生マンガを描くきっかけは「成績がいいだけで医学部受験。意外に感じた」

    dot.

    9/27

    医学部に強い「日本一小さい進学校」の秘密 寮生活や医療ツアーも

    医学部に強い「日本一小さい進学校」の秘密 寮生活や医療ツアーも

    週刊朝日

    4/26

  • コロナ禍で変わった医学部教育 臨床実習制限に近畿大・大塚医師「患者さんと接する時間が大事」
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    コロナ禍で変わった医学部教育 臨床実習制限に近畿大・大塚医師「患者さんと接する時間が大事」

    dot.

    5/27

    医学部に受かる子、受からない子の違いは?受験生必読 全国82大学医学部受験ガイド/『医学部に入る2023』 9月26日発売

    医学部に受かる子、受からない子の違いは?受験生必読 全国82大学医学部受験ガイド/『医学部に入る2023』 9月26日発売

    9/26

  • 医学部を揺るがす「2023年問題」 問われる医師の人間力

    医学部を揺るがす「2023年問題」 問われる医師の人間力

    AERA

    4/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す