「松坂の弟」と勝手に比較された松坂恭平さんが伝えたいこと 「誰かに作られた自分になってもしょうがない」

2022/07/08 11:30

きょうだいは別の人間であり、それぞれ違いがあって良い。だが、なにかと比べられがちで、どちらかが息苦しさを感じることもある。過去には、有名な野球選手の弟というだけでマスコミに取りあげられ、時には勝手に比較されたりもして、高校時代の一時期に生きづらさを感じた球児がいた。社会で活躍し父親にもなった彼は、「子育ての参考になれば」と、兄との「差」についての話をインターネットで発信し、自らの経験をつづっている。きょうだいの差に直面する子どもや戸惑う親がいるとしたら、どんなことを伝えたいのか。思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 松坂大輔、退団後も古巣に…寺原隼人が明かす「冷蔵庫伝説」【喜瀬雅則】

    松坂大輔、退団後も古巣に…寺原隼人が明かす「冷蔵庫伝説」【喜瀬雅則】

    dot.

    6/8

    松坂大輔との「200勝のボール」の約束 東尾修「私の指導力不足かな」
    筆者の顔写真

    東尾修

    松坂大輔との「200勝のボール」の約束 東尾修「私の指導力不足かな」

    週刊朝日

    7/17

  • 松坂世代は最後の“スポ根”世代? 松坂大輔は「悲劇のヒーロー」「私の発奮剤」と思い重ねる同世代

    松坂世代は最後の“スポ根”世代? 松坂大輔は「悲劇のヒーロー」「私の発奮剤」と思い重ねる同世代

    AERA

    11/23

    松坂大輔、今も残る剛球伝説「新品の金属バットにヒビが入った」【喜瀬雅則】

    松坂大輔、今も残る剛球伝説「新品の金属バットにヒビが入った」【喜瀬雅則】

    dot.

    8/1

  • 松坂大輔、幻の独立リーグ「獲得計画」もあった…復活イヤーもいよいよラストゲーム【喜瀬雅則】

    松坂大輔、幻の独立リーグ「獲得計画」もあった…復活イヤーもいよいよラストゲーム【喜瀬雅則】

    dot.

    10/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す